来週は日本株反発の期待!来週の相場展望と注目銘柄【4047】関東電化工業

PR

大荒れの米国市場の来週の相場展望

先日の米国市場は、軟調な相場からも売り優勢でのスタートとなり-350ドル超えの場面もありましたが、アップルやクレジットカードのビザが好決算を受けて急伸。ここ最近売り込まれていた高PERのハイテク株も買戻しが入りNYダウは終値34725.47ドル、前日比+564.69ドルとなりました。

アップルは主力のアイフォーンが売上高と純利益がともに四半期として過去最高となっていますが、ソフトウエアのマイクロソフトなども決算良かったですからね。利上げでの不安で相場は上下激しいですが、主力株の好決算が続けば流れは変わってきそうですね。

ナスダック総合指数も米長期金利が1.78%近辺と若干下回っての推移となり、ハイテク大手が連れ高して終値13770.57ポイント、前日比+417.79ポイントと反発となりました。

決算失望された自動運転のテスラも反発していましたが、来週はグーグルの親会社アルファベット、Amazon、メタプラットフォームズ(旧フェイスブック)と主力株の決算が相次ぎます。一つでもこけると相場は一斉に売りが入る状況ですが、全体を見ると米国企業の決算は良好なものが多いですね。

来週の日経平均株価の予想レンジは2万6050円~2万7400円を予想します。

週明けから日本株も決算シーズンに突入します。

米国市場が週末に持ち直しましたので、月曜は上昇すると見ていますが、日本株は戻り売りを狙われやすいですし、日経平均株価は節目の27000円で戻り売りを狙われる位置となります。

ここを超えるには、来週決算を控える村田製作所や半導体の有力株のレーザーテックやソニー、任天堂の決算がどういう決算を出すかというところですね。

米アップルの最高益からも村田製作所も良さそうですし、半導体関連は業績はどれもこれも抜群ですのでレーザーテックも良いと見ます。EV事業の新会社「ソニーモビリティ」を設立して注目度が高まってから環境悪化で急落した【6758】ソニーは決算もそこまでこけるとは思えませんので妙味ある位置と言えますね。

日経平均株価は2022年から2074円と下落していますし、割安感は出る位置ですので、大型株の業績が良ければ、全体相場は戻す可能性は高まると言えます。まあオミクロン型に対しての政府の対応も読めませんので、強気の見通しを出せるか…というところはありますが、来週以降は相場は回復していくかな?と見ています。

マザーズ指数は、一応週末で底!と見ていますが、セリクラがでた感じもないので、ロット少な目で様子見ながらという感じですからね、まあ世界の流れ的に高PER銘柄は上昇しても叩き売られる環境となっていますし、決算で暴落の危険性がありますので、割安な銘柄を中心に取り組んでいきます。

明日の注目銘柄

日々注目銘柄を記載していますが、今回は新規で注目している銘柄を記載します。

・関東電化工業(4047)

東証1部、PER10.3倍、PBR1.12倍、利回り1.52%、時価総額608億円。

関東電化は1970年にフッ酸電解技術を国内で初めて確立して以来、世界トップクラスのフッ素ガス製造能力を保有しています。

半導体の需要が急速に高まっていますが、半導体製造用の素材以外にも多彩で高品質なフッ素系特殊ガス製品を提供。半導体もですが、液晶材料や光ファイバーにも有機フッ素化合物が使用されております。

世界的なEV自動車の流れですが、同社はEV用バッテリーに欠かせないリチウム二次電池材料の電解質として六フッ化リン酸リチウムを提供していますので、半導体、EVといった注目テーマの有望株です。

住友金属鉱山と共同で使用済みリチウムイオン2次電池から高純度リチウム化合物を再資源化する世界初の技術を確立を持ちPER10倍と割安面もあります。チャートは押し目を入れて反発して75日線の位置。ここを抜ければ高値更新も十分狙えると見ています。

株式投資はリスクが伴いますので、投資は自己判断でお願い致します

※株は情報収集を徹底するのが一番です、利用して信頼のできる株式情報サイト一覧!

今の相場こういう時こをアンテナを張って取り組めば勝てる相場と言えます。

チェックしておくべき著名ユーザーとしてcisさんやテスタさんなどのツイッターアカウントが取り上げられたりしていますが、フォロワー数が日に日に増えていますね。

株ブログを書いていると、チェックしておいた方が良さそうな株情報とか何かないか聞かれたりするんですが、影響力がありそうな人やサイトが配信している情報はなるべく見ておいた方がいいと思います。

理由はいくつかありますが、

・勢いがある個別株に関する情報をいち早く知れたりする。
・いつも相場を見ている人の情報は何かと的を得ていて参考になる。
・取り上げられた個別株に投資家の注目が集まりやすいのではと考えられる。

などが主な理由です。

株はやはり“出来高があって動く銘柄”“注目が集まっている株”“注目が集まりそうな株”をいかに上手く狙えるかってところがあると思うので、フォロワー数が多く注目されていそうな株情報は見ておくに越したことないんじゃと思います。

同じような理由で株サイトが配信するメルマガ情報もいくつかチェックしてますが、下記サイトは結構オススメです。

株式投資関連でオススメのメルマガ情報
新生ジャパン投資⇒
高山緑星こと前池英樹さんが社長を務めるサイト。「2036年までの未来予測」を完了しているとしており、冗談のようだが本当に株価の動きを読むのが上手い人と感じています。また株式カレンダーなどで有名な大井川源太さんとラジオもやっています。有料銘柄は言わずもがなですが、無料銘柄も自信のある銘柄はしつこく何度も推奨してきますのでそういった銘柄は大きく勝てる可能性があります。
株マイスター⇒
小野山功さんや本村健さんのコラムを無料掲載しているサイト。業界長く、老舗顧問に部類するサイトだと思いますが、タイムリーな情報を的確に配信してきている印象。これまで市場を盛り上げた銘柄を何度もナイスなタイミングで取り上げてきています。本当に凄いのでサイト内で掲載となっている直近提供銘柄の推移などを見てみた方がいいと思います。
株株⇒
橋本罫線考案者の橋本明男さんや、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤さんなどのコラムを無料掲載しているサイト。橋本明男さんも堀篤さんも以前ヤフーファイナンスの株価予想で予想を出していた人ですが、業界でのキャリアが長い人の記事は要点が上手くまとめられていたりで分かりやすいと思います。無料メルマガで「急騰期待銘柄・注目株」情報を入手できたりする。
株エヴァンジェリスト⇒
株-1グランプリグランドチャンピオン大会で優勝している投資の女神「結城はるみ (旧:向後はるみ)」をストラテジー顧問に迎えているサイト。無料会員登録後に配信される「急騰期待注目株」は、取組期間およそ1ヵ月前後で、業績寄与度の高いテーマ性を持った有望株とありますが、市場で関心を集めやすそうなテーマ性をしっかり分析し、利益を得れる可能性が高そうな銘柄に注目してきている印象。
グラーツ投資顧問⇒
アドレス登録で大本命3銘柄を無料提供してもらえますが、カブ知恵代表取締役の藤井英敏さんのコラム「投資の方程式」などを無料掲載しているサイト。知名度が高い人が顔を出していて情報網が広そう。配信されている個別銘柄情報を見ると推奨理由などがしっかりと書かれている印象ですが、急騰銘柄をこれまでいくつも当ててきていて高い上昇率を残してきています。
スナップアップ投資顧問⇒
元証券マンで“相場の千里眼”“金融商品のスペシャリスト”と称される有宗良治さんが代表取締役をしていて、業界での繋がりが多そうなサイト。推奨された銘柄が結構高いパフォーマンスをみせてきているので、株で思うように利益を上げられない、毎月株で利益を得ていきたいと思う人は、試しにでも一度メルマガ登録して配信情報をチェックしてみることをおすすめします。
ゴールドリサーチ投資顧問⇒
Youtubeで生放送している株式天気予報という番組でお馴染みの伊東聡さんが投資顧問部代表をしているサイト。ツイッターで有名なトンピンさんがチャットに登場し話題となったりしてますが、面白そうなネタが色々入ってるからか推奨銘柄が高いパフォーマンスをみせてきています。短期資金が向かいそうな銘柄にいち早く乗りたいと思う人はチェックしておくことをおすすめするサイトです。
勝ち株ナビ⇒
伊東聡さんと一緒にYoutubeで株式天気予報という番組をやっている松尾彩香さんのコラム「あやかの銘柄リサーチ」や「投資家別・厳選株主優待銘柄」などのコンテンツがあるサイト。スマホアプリLINEを利用した情報配信も行っていて、メールじゃなくてLINEで面白そうな個別銘柄をチェックしたいって人に良さそう。LINE限定情報の思惑株は試しにでも一度チェックしてみることをおすすめ。

私は上記全て配信登録してますが、寄りつき前にサラっと読むだけでその日の注目しておいた方が良さそうな点や面白そうな銘柄情報などを知れたりするので、上手く立ち回れてないって人は冗談抜きにチェックしてみることをオススメします。

配信情報を見ている人と見ていない人とでは、狙える銘柄の幅が違ってくるのではないかなと思います。

ヤフーなどで株用のメールアドレスを作って配信登録しておくと株関連情報をまとめてチェック出来たりで便利ですよ。

株はどんな相場のときも情報戦です。

相場の流れに上手く乗れるよう、少しでも根拠をもって取引出来るよう、トレードに役立ちそうな情報や相場への影響力がありそうな情報はしっかりチェックしておきたいですね。

※最終的な投資判断は自己責任にてお願いします。当ブログは銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました