金メダルラッシュ!オリンピック終了でスポーツ関連銘柄は今後どうなる?

相場雑感と注目銘柄

想像以上のメダルラッシュ!オリンピック関連がもう一段高の期待!

オリンピックも昨日閉会式を迎えましたが、日本選手の金メダルラッシュは見事でしたね!

金メダル27個、銀メダル14、銅メダル17、合計で58個!

過去最高の金メダルを獲得したわけですが、柔道、レスリングは馴染みのあるスポーツでしたので、「良くやった!」と思うほどでしたが、水谷選手の活躍が際立った卓球は、何か涙出ちゃいましたよ。

今回初の競技となりましたスケボーやサーフィン、BMXなど、正直初めて見て「なんでこんな動きできるんだ?こんな面白い!!」と思う素晴らしい競技でした。

イメージ的には、歴史、文化を考えても日本人が活躍できるの?って思ってましたが、堀米雄斗選手、西矢椛選手と金メダル、中山楓奈選手も銅メダル。女子パークでは四十住さくら選手が金メダル、開心那選手が銀メダルと、日本選手がこんな強いのか!コロナで楽しいニュースがない中で、こういった新しい波が来ているというのは嬉しい限りですね。

オリンピック効果もあってスポーツ用品はかなり売り上げは好調との事ですが、「オリンピックを見て何か買ったという人は9割を誇る」との事です。

実際にここまでのメダルラッシュは想像以上でしたし、「子供にスポーツをさせたいと思った親、子供からもオリンピックを見てやってみたい」という声が続出している様です。

コロナ感染が終息すれば、一般スポーツ用品も回復すると期待もですが、特にスケートボードは、どこいっても売り切れになっているとの事です。スケートボードでは【9837】モリト、【3608】TSIホールディングスなどありますが、売れ行きなど今後ニュースになれば、もう一発、二発吹っ飛ぶ可能性ありそうですね。

オリンピックが終わった事で、オリンピック関連銘柄は需要が剥落しそうと思いましたが、秋口にかけてはスポーツの秋ですので、【7990】グローブライド、【3028】アルペン、【4801】セントラルスポーツ、【8111】ゴールドウィン、【8114】デサント、【7936】アシックスむしろここから年末商戦に向けて堅調な業績をキープする企業が増えてきそうです。

ここからの感染状況の不安はありますが、自宅で過ごす事に対して辟易としている人は多く、今すぐ体を動かしたいという人も増え「フィットネスクラブ」を運営する企業、【9766】コナミ、【2378】ルネサンス、【4801】セントラルスポーツ、【7085】カーブスHD、CMでもお馴染みの【2928】RIZAPグループなども再び注目される可能性高そうです。

週明けスポーツ関連の注目銘柄

今は企業決算の良いものを狙っていくのも一考と言えますが、内容からも飛びそうなものですが。

・アルペン(3028)

東証1部上場、PER12.0倍、PBR1.27倍、時価総額1433億円のスポーツ専門店最大手、大型スポーツ用品店、「アルペン」、「スポーツDEPO」、ゴルフ用品専門「GOLF5」を全国展開しています。

コロナ過からも学校での部活動や、各種スポーツイベントが中止・縮小を余儀なくされるなどの影響を受けていますが、健康意識の高まりや、密を避けるために屋外での活動が増えるなど、スポーツ・アウトドア関連の需要が拡大、利益面につきましては、前年まで過剰感のあった在庫が適正水準に落ち着き、年間を通してその水準を維持し続けたことで処分販売が減少、売上総利益率が改善となり売上高は233,215百万円(前年同期比7.0%増)、営業利益15,088百万円(同265.0%増)、経常利益16,836百万円(同193.1%増)と過去最高益を更新となっています。

今期の年間配当は前期比5円増の50円に増配していますが、増配ができるというのは、コロナから業績が持ち直した証とも言えます。好決算、増配を受けて株価は急伸していますが、信用売りも多く買戻しが入れば強い上昇トレンドに入る見込みも高いと言えますね。

株式投資はリスクが伴いますので、投資は自己判断でお願い致します

コメント

タイトルとURLをコピーしました