DX(デジタルトランスフォーメーション)関連銘柄

億トレサラリーマンの株価2倍期待の注目銘柄メディアシーク(4824)

6月相場も宜しくお願い致します。

昨晩の米国市場ですが、31日発表の4月の雇用動態調査(JOLTS)では求人件数が1,010万3,000件と市場予想(約950万件)を上回り、労働市場の底堅さが示されたことから高インフレの長期化を嫌気して売りが入りました。

NYダウは月末でポジション調整の売りも入り一時-300ドルの下げとなる場面もありましたが、米債務上限問題の可決への期待から買戻しが入り下げ幅を縮小、NYダウの終値32,908.27ドル、前日比-134.51ドルと続落、ナスダック総合指数は半導体企業で初の時価総額1兆ドルとなったエヌビディアが反落、他の半導体株にも売りが波及しSOX指数(フィラデルフィア半導体株指数)は前日比-2.71%、終値12,935.29ポイント、前日比-82.14ポイントとなりました。

米国市場の動きを筆者はこう見る!

米債務上限問題も本日下院で可決されましたが、下院で通ったわけなので、米デフォルトという茶番はやはりありませんでしたね。

4月JOLTS求人件数が予想を上回る強い結果から利上げ観測が高まったところで、ジェファーソン米連邦準備理事会(FRB)理事などが、6月米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ見送りを指示すると発言しています。

FRBパウエル議長も「利上げの影響で中小の銀行の倒産という大惨事を二度も起こす訳にはいかない」と考えているでしょうから世界の株式市場の取り巻く環境は悪くないでと言えますね。

日経平均株価は反発!海外勢は日本株の買い越し継続!!32000円も視野に!

昨日は日経平均株価が急落となりましたが、本日は寄付きこそ米半導体株の下落の影響からも売りが入りましたが、債務上限問題が下院で可決されたことを受けて売り一巡後はすぐに回復。

国内半導体株、値がさ株が買われプラス圏に上昇すると引けにかけてもしっかりの推移となり日経平均株価は終値31,148.01円、前日比+260.13円、TOPIXは終値2,149.29ポイント、前日比+18.66ポイントとなりました。

新興市場はまだ重たい感じはありますが、スタンダード市場は、値上がり638銘柄、値下がり594銘柄、東証グロース市場は、値上がり214銘柄、値下がり283銘柄と強弱入り乱れる展開となりました。

日本株の動きを筆者はこう見る!

昨日の下げで東証プライム市場の騰落レシオは98.88%、25日移動平均線29,835.79円と31日の上方乖離率は2.53%、空売り比率も改善され、過熱感が後退していましたので、出遅れた投資家が買いで入ってきたと言えます。

本日の引け後の空売り比率は44となっていますが、25日移動平均線での騰落レシオは97.21と昨日よりも改善されています。

6月1日引け後の空売り比率↓

6月1日引け後の騰落レシオ↓

状況的にはまだ上がりやすいと見て問題ありません。唯一の懸念は来週末にメジャーSQを控えているという部分ですかね。

どうしても株高の時のメジャーSQ前は売られやすい傾向にあります。とは言ってもそこまで懸念の材料がない。という部分や投資主体別売買動向を見ても海外投資家は先週も買い越しをしています。

6月1日投資主体別売買動向↓

流れ的にはそう簡単に崩れ無さそうと言った印象ですので、毎回同じこと言って申し訳ございませんが、「トレンドに逆らうな!」という言葉通り、逆指値入れてこの上昇に乗っていくというのが宜しいかと思います。

※「PR yahooファイナンス1位の実績!無料銘柄が即STOP高!ここの無料銘柄は必見ですよ!」

億トレ注目銘柄ですが、本日STOP高となったメディアシークがここからでも株価2倍のポテンシャルがあると見ていますので記載致します。

億トレサラリーマンの注目銘柄 メディアシーク(4824)

メディアシークは東証グロース上場、PER113倍、PBR1.18倍、利回り0.27%、時価総額36.3億円

2000年に設立、法人向け情報システムの企画・構築・運用受託が主力とし、コールセンターなどにRPA(業務自動化)ツールの提供を進める。コンシューマー向けでは、カメラ付きモバイル端末向けのQRコード読み取りアプリソフトが成長。素早く安定的に読み取れる専用アプリは広告で収入を得るビジネスモデルで3000万ダウンロード数を超える。

イスラエルのマインドリフト社と組んで脳波を活用したブレインテック事業も推進。同社とも協業しつつ日本国内向けにアプリの開発を進める。キャッシュレス、SaaS、QRコード関連の企業です。

同社の該当するテーマは「ソフト・システム開発」 「コンサルティング」 「クラウドコンピューティング」 「スマートフォン」 「ネット選挙」 「モバイル広告」 「モバイルコンテンツ」 「LINE関連」 「eラーニング」 「携帯電話向けソフト」 「バーコード」 「スマホゲーム」 「ネット広告」 「動画広告」 「IT関連」 「セルフレジ」 「教育ICT」 「画像認識」 「QRコード」 「キャッシュレス決済」 「サブスクリプション」 「Society5.0」 「チャット」 「チャットボット」 「無人店舗」 「デジタルトランスフォーメーション」 「オンラインイベント」 「デジタル給与」に該当します。

同社の依存先はGoogle Inc.(27.5%) ナガセ (14.9%)となります。

ソフトバンク傘下のSBペイメントサービス及びキャッチボールと継続課金(サブスク)のクレジットカード決済に関する新たなサービスを開始!

本日同社株がSTOP高張り付きとなっていますが、31日の取引終了後、ソフトバンクのグループ会社であるSBペイメントサービスとキャッチボールと共に、継続課金(サブスク)のクレジットカード決済に関する新たなサービスを開始したと発表しています。

この新サービス「エスコレ」はメディアシークの収益の柱になる可能性も!

不動産や介護、冠婚葬祭関連やスポーツジムといった幅広い事業者での活用が見込め、継続課金サービスの管理に必要な顧客情報の更新や請求・売上管理を管理サイトで一元化する。クレジットカードの決済ができなくなった場合は、自動で後払い契約に移行させる機能も実装する予定。サブスク代金の回収漏れの防止につなげる。

今はサブスクサービスの利用が拡大していますが、事業者は代金未回収のリスクへの対応や、催促業務の効率化に迫られていますが、この新サービスの提供で課題解決につなげるとのことですが、同事業は大きな柱に今後なっていく可能性が高いと言えます。

業績面も効率的に事業を展開できたことから外注費や諸経費など費用の発生額が予想を下回ったことから23年7月期の営業利益予想を従来の0.21億円から0.30億円(前期実績0.40億円)に上方修正、第3四半期以降、コーポレートDXやライフスタイルDXの受注状況が堅調に推移する見込みとしています。

将来に向けた利益確保に向けて、「画像解析・AI」及び「ブレインテック・DTx」の事業領域における積極的な先行投資をしていますが、働き方改革、テレワークの浸透、業務プロセスの効率化等のDX推進によりITサービスの需要は堅調に拡大していますので、今後の業績面もですが好材料が今後出てくる可能性も高いです。

小型株ではありますが配当もあり株主還元に積極的というのも良いポイントと言えますね。今日の動きを見ても初動という動きですし、週足、月足を見ても出遅れの位置にあります。

今日STOP高していますので、中々買いにくい位置ではありますが、押し目があったらチャンスと見ています。

今後の材料次第ではありますが、株価2倍も見込める銘柄と言えるだけに注目しておくのも宜しいかと思います。

※「PR ここからの急騰期待の有望株を探しているなら必見!!」

※あくまで上昇の見込みがありそう…というだけですのでチラシの裏感覚で見てもらえたらと思います。投資は自己判断でお願いします。

※PR※株は情報収集を徹底するのが一番です、利用して信頼のできる株式情報サイト一覧!



今の相場こういう時こをアンテナを張って取り組めば勝てる相場と言えます。 チェックしておくべき著名ユーザーとしてcisさんやテスタさん井村俊哉さんなどのツイッターアカウントが取り上げられたりしていますが、フォロワー数が日に日に増えていますね。
株ブログを書いていると、チェックしておいた方が良さそうな株情報とか何かないか聞かれたりするんですが、影響力がありそうな人やサイトが配信している情報はなるべく見ておいた方がいいと思います。

理由はいくつかありますが、

・勢いがある個別株に関する情報をいち早く知れたりする。
・いつも相場を見ている人の情報は何かと的を得ていて参考になる。
・取り上げられた個別株に投資家の注目が集まりやすいのではと考えられる。

などが主な理由です。

株はやはり“出来高があって動く銘柄”“注目が集まっている株”“注目が集まりそうな株”
をいかに上手く狙えるかってところがあると思うので、フォロワー数が多く注目されていそうな株情報は見ておくに越したことないんじゃと思います。

同じような理由で株サイトが配信するメルマガ情報もいくつかチェックしてますが、下記サイトは結構オススメです。

株式投資関連でオススメのメルマガ情報
株エヴァンジェリスト⇒
各種大手メディアに引っ張りだこの有名投資家で株式評論家でもある「Bコミ」こと「坂本慎太郎」氏がセールスプロデューサーに就任。 所謂、機関投資家として10兆円以上の資金を動かすなどして活躍後に独立。 現在までに年間200回を超えるメディア出演をこなす他、セミナーや投資本の執筆、SNSなどを通じ幅広く活動を続けています。 また、2017年3月から始めた「資金150万円チャレンジ」では、ファンダメンタルズ分析を中心として150万円の資金を僅か1年5ヵ月で約5,000万円まで増加させるなど個人投資家としてもその実力の一端を見せているだけに期待が持てる投資顧問です。
新生ジャパン投資⇒
高山緑星こと前池英樹さんが社長を務めるサイト。「2036年までの未来予測」を完了しているとしており、冗談のようだが本当に株価の動きを読むのが上手い人と感じています。また株式カレンダーなどで有名な大井川源太さんとラジオもやっています。有料銘柄は言わずもがなですが、無料銘柄も自信のある銘柄はしつこく何度も推奨してきますのでそういった銘柄は大きく勝てる可能性があります。
株マイスター⇒
本村健さんのコラムを無料掲載しているサイト。業界長く、老舗顧問に部類するサイトだと思いますが、兜町の噂などタイムリーな情報を的確に配信してきている印象。これまで市場を盛り上げた銘柄を何度もナイスなタイミングで取り上げてきています。本当に凄いのでサイト内で掲載となっている直近提供銘柄の推移などを見てみた方がいいと思います。
株株⇒
橋本罫線考案者の橋本明男さんや、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤さんなどのコラムを無料掲載しているサイト。橋本明男さんも堀篤さんも以前ヤフーファイナンスの株価予想で予想を出していた人ですが、業界でのキャリアが長い人の記事は要点が上手くまとめられていたりで分かりやすいと思います。無料メルマガで「急騰期待銘柄・注目株」情報を入手できたりします。登録しますとテンバガー候補銘柄などもプレゼントしてくれますので見ておくべきかと思います。
アレス投資顧問⇒
アレス投資顧問はコンセプトに「会える投資顧問」とあるように、直接担当者とも会うことができるという点です。アレス投資顧問代表の阿部さんのyoutubeチャンネル「アベタカシの投資TV」を見ても分かると思いますが、タイムリーな銘柄や今後の相場展望を解説していて、しっかりした投資顧問というのが分かると思います。「無料メルマガ登録で1ヶ月以内に上昇が期待できる銘柄をもれなくお届けしています。」
グラーツ投資顧問⇒
アドレス登録で大本命3銘柄を無料提供してもらえますが、カブ知恵代表取締役の藤井英敏さんのコラム「投資の方程式」などを無料掲載しているサイト。知名度が高い人が顔を出していて情報網が広そう。配信されている個別銘柄情報を見ると推奨理由などがしっかりと書かれている印象ですが、急騰銘柄をこれまでいくつも当ててきていて高い上昇率を残してきています。
プレナス投資顧問⇒
過去の株価データや企業業績などの数値化できるデータを数理的に分析する「金融工学」を応用し、高い精度で利益を提供できプレナス投資顧問が〝株式投資界隈で注目〟されています。私の登録してからの銘柄を見る限りAIの銘柄解析がかなり効いているようです。 〝環境的に不安定な状況でも高い勝率〟を出しているとの事ですが、実際に銘柄を見て思いましたが、値幅も勝率も出せるAIとして、かなり優秀な部類と言えますので銘柄は見ておくべきと思います。
私は上記全て配信登録してますが、寄りつき前にサラっと読むだけでその日の注目しておいた方が良さそうな点や面白そうな銘柄情報などを知れたりするので、上手く立ち回れてないって人は冗談抜きにチェックしてみることをオススメします。

配信情報を見ている人と見ていない人とでは、狙える銘柄の幅が違ってくるのではないかなと思います。

ヤフーなどで株用のメールアドレスを作って配信登録しておくと株関連情報をまとめてチェック出来たりで便利ですよ。

株はどんな相場のときも情報戦です。

相場の流れに上手く乗れるよう、少しでも根拠をもって取引出来るよう、トレードに役立ちそうな情報や相場への影響力がありそうな情報はしっかりチェックしておきたいですね。

※最終的な投資判断は自己責任にてお願いします。当ブログは銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。

-DX(デジタルトランスフォーメーション)関連銘柄