9月6日の相場雑感と明日の注目銘柄

相場雑感と注目銘柄

本日の相場雑感

今週も宜しくお願い致します。

先週末の米国市場は、先週末の相場観でも記載した通りですが、雇用統計を受けて景気の影響を受けやすい景気敏感株が売られて乱高下しましたが、テーパリング懸念が後退で終値35369.9ドル、前日比-74.73ドル、ナスダック総合指数はインターネット通販のAmazonがしっかり、その他主力ハイテク株が買われて終値15363.516ポイント、前日比+32.339ポイントとなりました。

《9月5日記載》菅総理退任!日経平均株価3万円超えの期待!来週の相場展望、注目銘柄【6890】フェローテック

先週末は菅総理の自民党総裁選挙を辞退した事で急騰、本日の動きも注目でしたが、米国市場なんて無視という強い上昇を見せましたね。

日経平均株価は終値29659.89円、前日比+531.78円、TOPIXが2042.82ポイントとバブル経済期の1990年8月21日以来、約31年ぶりの高値を更新。新興市場もジャスダック、マザーズ共に上昇して全市場がプラスと週明け相場は、最高の立ち上がりとなりましたね。

9月からのハイペースな上昇が続いていますが、日経平均株価は5営業日で2000円の上昇。極端ではありますが、2万9500円という節目を抜けておりますので、上昇トレンドは今後も継続していくチャート形成となっています。

自民党総裁選挙は、17日告示ー29日投開票の日程で実施され、国会議員票が383、党員・党友票が383の合わせて766票を競う。過半数は384。1回目の投票で過半数を得た候補がいなければ、上位2人の決選投票から決定されます。

自民党の新しい首相に出馬表明しているのは、河野大臣、岸田文雄さん、下村政調会長、高市早苗前総務相さん、野田聖子さん、まだ動きはありませんが石破茂さんですが、安部前総理大臣が高市早苗さんを支持しているとの事ですが、改革志向が強いとされる河野太郎さんと「サナエノミクス」を掲げる高市早苗さんは株式市場にとってポジティブに捉えそうですね。

幅広い銘柄が買われましたが、週末の記載銘柄【6890】フェローテックは大幅続伸!上場来高値3570円を捉えていますが、半導体関連の超割安の有望株ですので期待はできそうですね。

船が戦艦ヤマトとなっていますが、【9101】日本郵船、【9104】商船三井、【9107】川崎汽船が大幅高。売り方もこれは無理と買戻しもですが、予想通り配当取りまでは下値も堅く推移していきそうと見ています。

業種別で見ても海運が8%以上の上昇は、これはもう一段ありそうですね。

【6920】レーザーテックも続伸しましたが、こういう短期急騰のチャートとなっている銘柄は5日線との乖離を埋めにきそうですので、明日上昇する様なら利益確定売りがきやすいと言えます。

選挙関連では【3956】イムラ封筒、【7521】ムサシが揃って上昇。新紙幣の需要もありますので【7521】ムサシの方が底堅く面白そうと見ています。

ただ大体選挙関連は、選挙が決まったら相場が終わる感じありますので、短期的なテーマとしてとらえるべきですね。

※LINE会員様限定で面白そうな銘柄配信しています。興味ある方はLINEしてもらえたらと思います。

現在の市場のテーマ

感染症対策関連銘柄

海運

鉄鋼

オンライン診療

中古車

半導体

脱炭素

再生可能エネルギー

太陽光

仮想通貨関連

アフターコロナ関連

明日の注目銘柄

・レーザーテック(6920)

本日も上昇となりました。強い上昇トレンドですね。半導体関連、EUV向けマスクブランクス検査装置を手掛けていますが、EUV(極端紫外線)露光工程で、先端半導体を量産する台湾のTMSCや韓国サムスン電子に加え、米インテルやマイクロン・テクノロジー、韓国SKハイニックス等も導入する計画が見込めるとの事です。5日線との乖離が大きくなってきましたので一旦押しそうと見ていますが、半導体関連は総じて強気目線です。

・ルネサスエレクトロニクス(6723)

本日はほぼ変わらず。ルネサスエレクトロニクスは自動車用のパワー半導体を主力とする企業です。2日付の日本経済新聞朝刊で、「半導体の安定供給へ向けて積極投資する方針を明らかにしており、さらに買収した英半導体企業から工場の自動化などIoTを強化し、相乗効果は製品群の組み合わせなどで約360億円の利益が見込める様です。パワー半導体は自動車業界見てもですが抜群の需要の高さ、チャートも伸びしろは高いと見ています。直近高値抜けていくと見ています。

・MRT(6034)

本日は反発。遠隔(オンライン)診療、時価総額120億円と小型、マザーズ市場の強い上昇に沿う動きを続けていましたが、連日の急騰からも利益確定売りがでていますね。ですが新型コロナの変異種もでてきましたので、押し目を入れてから反発すると見ていますが、予想通りすぎてビックリです。5日線割れ撤退ですかね。

・日本郵船(9101)、商船三井(9104)

両銘柄とも大幅続伸。日本の海運大手、日本郵船(9101)、PER3.3倍、PBR2.17倍、配当利回りは7.12%。商船三井(9104)はPER3.2倍、PBR1.53倍、配当利回り6.12%と高配当の銘柄です。【9101】日本郵船、【9104】商船三井は、割安面、9月配当、バルチック海運指数が高い位置と上昇の条件を満たしていますし、とにかく下げても買われる動きから今日の急騰!証券会社も目標株価を大幅に引き上げていますので買い意欲も旺盛です。これもまだ相場となっていく可能性が高いですね。

・アルペン(3028)

本日は上昇。好決算、増配を受けて株価は急伸していますが、信用売りも多く買戻しが入れば強い上昇トレンドに入る見込みも高いと言えます。高い位置でもみ合っていますが今の株価位置は鬼門のラインですね。25日線割り込んだら撤退が宜しいですかね。チャートは根固めしている動き。

・ティアンドエス(4055)

本日は小幅高。9月上場が期待される超大型IPOのキオクシア関連の銘柄です。キオクシアグループ向けが売上高全体の約2割弱を占めています。PER73.9倍、PBR12.79倍と割高ではありますが上場が近づくにつれて同銘柄への期待は高まると予想しています。ちょっともたついていますがチャートは上昇トレンド入ってる動きですので安いところは拾っていきたいです。

・JMDC(4483)

本日は上昇。遠隔(オンライン)診療関連、PER148倍、PBR15.25倍、時価総額4312億円とマザーズ市場で寄与度がかなり高い銘柄です。上場来高値を更新を続けて青天井チャート、5日線に沿った動き。マザーズ市場ですが、今後プライム市場への条件も満たしています。これも上昇トレンドに入っている動きですね。6950円割れ撤退。

・NTTデータ(9613)

本日も上昇!デジタル庁、DX(デジタルトランスフォーメーション)関連。東証1部に上場、時価総額2兆7,391億円。1988年設立。NTTグループ傘下で官庁・公共・金融機関向けの大型システム受託データ通信やシステム構築事業を手掛けています。国内外に300社以上の子会社を持つ国内では最大手のIT企業となります。テクニカル、テーマ性十分で中期目線でも勝負できる銘柄と位置付けております。

・パイプド(3919)

本日は小幅下落。東証1部上場、時価総額196億円、PER20.9倍、PBR3.91倍、DX関連の小型株の注目銘柄。クラウドを使った顧客情報管理ソフトなどを主力展開していますが、業績も抜群。利益確定売りがでている感じですね。5日線割れ撤退。

・タムラ製作所(6768)

※800円を抜けましたので空売りとしていましたが、環境からも買い目線です。

本日は上昇。LINE会員限定で「増し担保解除で一吹きあっても信用買い残が多いと帰って戻り売りの急所となりますのでその点は頭に入れましょう」と配信してから25日線を割り込み売りが加速、ただ800円を超えてきましたし、テーマとしても有望ではありますので、ここからは買いです。

明日の空売り注目銘柄

・enish(3667)

東証1部、ゲームアプリ関連、ソーシャルアプリ・ゲームの企画・開発・運営を手がける企業ですが、業績微妙、チャート下向き。強い上昇相場でこの動きですので、売りとします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました