8月13日相場雑感と明日の注目銘柄

相場雑感と注目銘柄

本日の相場雑感

今週もお疲れ様でした。

昨晩の米国市場は、寄り付きこそ売られましたが、下落を続けていたハイテク株が反発した事で小幅続伸して終値35,499.85ドル、前日比+14.88ドル、S&PもIT、ヘルスケアを中心に6業種が上昇して最高値更新となりました。

ハイテク株が中心のナスダック総合指数はマイクロソフト、グーグル、Amazon、テスラと主力株が買われて3日振の反発。ただ半導体関連の売りが目立つ動きとなっていますね。

下がってもすぐに買われる。米国の投資家は意欲が漲って、今はとにかく株を買え!潮目が変わるまでは流れについていけ!という勢いを感じますね。

まあ当たり前といえば当たり前ですが、機関も中国の規制の状況、日本株の弱さとアジア株に対しては敬遠していますので、欧州、米国株を買うのは至極当然ですね。

本日の日本株は、日経平均株価は米国市場の好調な動きを受けて買い優勢とはなりましたが、感染者が過去最大国内感染者というのは相変わらず懸念材料となっています。

半導体の最大手【8035】東京エレクトロンなど半導体の値がさ株が売られる動きとなり下落となっていますが、TOPIXはプラス推移、チャートを見ても日経平均株価は弱いですが、TOPIXのチャートは悪くない感じなんですよね。

新興市場もジャスダックはプラス推移。マザーズ指数も寄り付きから下げ幅を広げ一時1056ポイントまで値を下げましたが、その後は下髭をつけて値を戻していますね。

今日の下落の大きな理由としては直近IPO銘柄の下げが止まらないのもですが、マザーズ値がさ株の【4385】メルカリが、決算発表しましたが、21年6月期の連結経常損益は49.7億円の黒字(前の期は193億円の赤字)に浮上し、従来予想の44億円の黒字を上回って着地と内容は良かったですが急落。直近下げ渋っていたので材料出尽くしという売られ方になりましたが、25日線まで株価が戻れば買ってよい内容と思いました。

昨日、これはもう限界と記載しましたが【3936】グローバルウェイが引け後の材料がネガティブ視されてSTOP安していますね。

あれだけぶっ飛べばいつかは崩れますよ!なんせ1か月も経たず株価7倍ですからね。

13日の金曜日でジェイソンを召喚したという感じになっていますが、急騰理由の引き金となったタイムコインの価格も落ちていますが、タイムコイン売却で4000億円なんて、ないとは言い切れませんが、需要が現時点ではないわけですし、うまく売り抜けられるの?というところですね。ここからはマネーゲーム的な感じですが、手を出すと大火傷しそうですし、これは終わったかなと思っています。

改めて保有を見ると船、鉄、商社とオールドエコノミーの銘柄ばかりになっています。相場の流れを無視して逆張りする投資方法はしませんが、半導体関連銘柄・不動産関連も拾っています。

LINE配信した【3482】ロードスターは下は拾われる形となっていますね。マザーズ市場ではありますが、直近急騰して今日も下げ幅は限定的ですので、来週注目と見ています。

※LINE会員様限定で面白そうな銘柄配信しています。興味ある方はLINEしてもらえたらと思います。

現在の市場のテーマ

感染症対策関連銘柄

海運

鉄鋼

国土強靭化

電線地中化

新型コロナ治療薬

半導体

脱炭素

再生可能エネルギー

太陽光

仮想通貨関連

アフターコロナ関連

明日の注目銘柄

・ロードスターキャピタル(3989)

本日は小幅下落。不動産関連の割安銘柄、今後注目の銘柄です。LINE登録の方のみに今後の動き含め配信していますので、良かったらLINE登録お願い致します。

・日本郵船(9101)

船株の最大手、PER2.7倍、PBR1.77倍、配当利回りは今の高い位置でも8.7%と驚異的な配当の銘柄です。ただ急騰の反動から一旦押し目はあると思いますが、これだけの高配当ですので下値も堅く8500円位までは上昇すると見ています。

後は、船株もですが、鉄鋼株では【5401】日本製鉄、商社では【8053】住友商事が買いで見ています。

・アルペン(3989)

好決算、増配を受けて株価は急伸していますが、信用売りも多く買戻しが入れば強い上昇トレンドに入る見込みも高いと言えますね。

・ティラド(7236)

本日は下落。直近の決算は第1四半期(4~6月)連結決算が、売上高328億7400万円(前年同期比30.2%増)、営業損益22億3900万円の黒字、市場予想よりも遥かに良い好業績だった事や併せて自社株買い発表しています。PER8.8倍、PBR0.54倍と割安です。信用倍率1.15倍と空売り燃料が満タンです。10日線割れ撤退

・ニッポン高度紙(3891)

本日は小幅安。業績は22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.2倍の13.3億円、上方修正を発表。通期見通しも2期連続で過去最高益予想を上回る見通しとしています。25日線近辺とかなりいい位置まで押し目をいれてきました。内容としては先々有望ですので3400円割れ撤退とします。

・ティアンドエス(4055)

本日はヨコヨコ、9月上場が期待される超大型IPOのキクオシア関連の銘柄です。キオクシアグループ向けが売上高全体の約8割を占めています。PER69.2倍、PBR11.98倍と割高ではありますが上場が近づくにつれて同銘柄への期待は高まると予想しています。

・エフオン(9514)

本日はほぼ変わらず。日本初の省エネ支援会社ですが、【9517】イーレックスなど再生可能エネルギー関連の決算が悪かった事で売られていましたが、同銘柄は決算は21年6月期の連結経常利益は前の期比15.2%減の23.9億円になったが、22年6月期は前期比21.0%増の29億円に拡大を見込み、4期ぶりに過去最高益を更新となっています。1150円割れ撤退

・オーナンバ(5816)

本日は上昇。PER8.3倍、PBR0.48倍、時価総額85.7億円。売りも一巡して良いチャート形成となってきましたね。最近は決算で上方修正しても小型株は梯子外される動きが続いていましたが、来週25日線を超えれるかという感じですが、抜ければ窓埋めまでの上昇となると見ています。

明日の空売り注目銘柄

・タムラ製作所(6768)

本日は下落。LINE会員限定で「増し担保解除で一吹きあっても信用買い残が多いと帰って戻り売りの急所となりますのでその点は頭に入れましょう」と配信してから25日線を割り込み売りが加速しています。業績微妙で、まだ高い位置と言えますので売り継続です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました