《技術力はピカイチ》大阪大学にも研磨技術供与!次世代パワー半導体研磨装置ジェイテックコーポレーション(3446)

グローバルニッチ関連銘柄

ジェイテックコーポレーション(3948)が期待感がありそうなので記載します!

同社の上昇する見込みは、あくまで私の予想ですので、チラシの裏くらいの感覚で見てもらえたらと思います。

では今回上昇する可能性の高い理由も含めて紹介したいと思います。

ジェイテックコーポレーション(3446)

ジェイテックコーポレーションは東証プライム上場、1993年創設、世界でも必要としている企業が多い高精度X線集光ミラーのオプティカル事業と自動細胞培養装置を軸にしたライフサイエンス・機器開発事業を主力とする研究開発型企業です。

同社のテーマですが、「アジア関連」 「バイオテクノロジー関連」 「試験・検査・計測」 「iPS細胞」 「欧州関連」 「パワー半導体」 「ナノテクノロジー」 「半導体製造装置」 「計測機器」 「表面処理加工」 「水晶振動子」 「医用分析装置」 「再生医療」 「グローバルニッチ」 「2018年のIPO」 「東証再編」 「EUV」 「核融合発電」に該当します。

成長分野のパワー半導体の独自技術で需要急拡大!大阪大学に研磨技術供与契約!

同社株が注目されているか!というポイントですが、次世代半導体製造装置などの成長分野へ積極的にグローバル展開を推進しています。

同社の独自の研磨技術PAPは、研磨面に対しプラズマによって活性化した酸素などを備える研磨法ですが、太陽光・風力発電や自動車、エアコンなどに使われるパワー半導体の増産に向けたプロセス開発が進むなか、PAPは耐熱性能に優れるGaN(窒化ガリウム)、SiC(炭化ケイ素)、単結晶ダイヤモンドなどの化合物半導体材料の加工効率の向上につながる。

というものですが、次世代パワー半導体の製造工程で、独自のCARE加工技術を駆使したウエハー研磨装置で、既に技術的には開発成功した段階となっています。

この高い技術力から大阪大学とのプラズマ援用研磨装置およびプロセスに関するノウハウ供与契約締結しています。

今後のパワー半導体の需要もですが、この独自表面ナノ加工技術EEMや表面ナノ計測技術 RADSI/MSI を用い、放射光施設やX線自由電子レーザー施設向けのX線ミラーを製造販売しており、半導体だけでなく宇宙・医療分野など新しい産業分野へグローバル展開を図っており、その際に必要となる、PCVM(プラズマ加工法)や CARE(触媒基準エッチング法)等の新しい表面ナノ加工技術や、新しいナノ計測技術の実用化開発をしていくとの事ですので、様々な材料が期待できると言えます。

「CellPet 3D-iPS」は世界で初めてiPS細胞由来のヒト腸オルガノイドを誘導、成熟を世界で初めて成功!

株の世界でも当然ですが、世界で初の成功という内容は好感するわけですが、11月18日に同社製品「CellPet 3D-iPS」を使用した研究成果を東京医科歯科大学消化器病態学が発表していますが、iPS細胞由来のヒト腸オルガノイドを完全浮遊状態で誘導、成熟させる技術の開発に世界で初めて成功したと発表しています。

iPS細胞は山中教授がノーベル賞受賞してから再生医療の本命として研究開発が続いておりますが直近でも11月26日に山中教授は2023年5月にも産業界に提供を始めることを明らかにしています。

次世代半導体、そして世界で初のiPS細胞由来のヒト腸オルガノイドを完全浮遊状態で誘導、成熟と同社は技術力は非常に高いと言えます。

成長企業だけに業績は赤字続き!ただ中国市場で業績急拡大の可能性!

業績は多大な技術開発費用が掛かっている事で赤字が続いていますが、同社決算書類にも記載がありますが、中国では他に類を見ない規模の放射光施設及びⅩ線自由電子レーザー施設の新設や
バージョンアップを進めており、特に有望な市場であると考えております。

例えば、北京市に建設中の次世代大型放射光施設「IHEP」は世界最大規模の施設となる見込みであり、すでに多くの受注を獲得している状況であります。

その他中国では、複数施設にて第4世代へのアップグレードの他、上海市、深圳市、武漢市においては大型放射光施設及びⅩ線自由電子レーザー施設の新設が計画されているとの事です。

先々は非常に有望な企業な気はしますが、まだ現時点では赤字企業に違いはありません。期待の中国も現時点ではゼロコロナで経済活動も不安定ですので、黒字転換はしばらくは時間がかかると言えます。

ですが最近で期待の出来そうな材料を連発してチャートは力強い上昇トレンド形成しています。赤字でもマイクロ波化学(9227)の様に期待値の高さから買いが入るものですので、同社は株価急騰となる材料は多数内包している銘柄と言えますので注目と言えます。

<特別無料>明日以降の日本株の動きをズバビタ予想!あのアレス投資顧問が「1カ月以内に上昇が期待できる銘柄」を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました