AI関連銘柄 ChatGPT関連銘柄

今週は12日にCPI(消費者物価指数)!日本株は上値は重いが上昇機運は十分!億トレ注目銘柄ASJ(2351)

週末にブログを更新して米国市場は休場、3月雇用統計に関して記載させていただきましたので「★日本株は上昇していく見込みは高い!引き続き押し目は買いのスタンスは継続!億トレ注目銘柄アイビーシー(3920)」を見て頂けたらと思います。

でも一応おさらいしておきますと、結果は23万6千人増と2か月連続で伸びは鈍化と概ね市場の事前見通し通りで着地、インフレのカギを握る賃金の伸びも前月比0.3%上昇と2月の0.2%からはやや伸びは加速したがこちらも概ね市場の予想通りの内容となりました。

米国市場休場で雇用統計が被るというのもちょっと困ったものではありますね。

今回の雇用統計で景気減速への懸念は後退となりますが、インフレ懸念から再燃する内容、FRBが利上げを継続するという見方も浮上していますので市場がどう判断するかは今一つ見えないところはあります。NYダウ先物は発表後は上に反応しましたが、その後はほぼ動かずという動きとなっています。12日にCPI(消費者物価指数)がありますのでその間は手掛かり材料難で売りも買いも動かず様子見姿勢が強まって膠着状態となる可能性が高そうですね。

日本株は米雇用統計通過で上昇!円安進行が相場を支えるも上値は重たい展開!

日経平均株価は寄付きから上昇となりました。米雇用統計の結果が安心感となり寄付きすぐに2万7737.49円、前週末比+219.18円まで上昇する場面もありましたが、買い一巡後は戻り売りに押され、前場後半に向けて伸び悩みました。その後引けにかけて持ち直しましたが、やっぱCPIをすぐに控えていますので、利益確定売りはどうしてもでますね。

今の米国市場はどうにも信用できないというところありますし、過去に何度もCPIショックが起こっていますからね。そしてその後に普段ならそこまで注目はされませんが、米銀行株の決算が控えています。

事の発端を作った米銀行株の業績は結構ニュースにもなるでしょし、クレディスイスの様な悲惨な業績ですと売り圧力は一気に強まりますからね~。重要イベントが多い週はポジションは軽くしておきべきかと思いますが、4月に大暴落というのが来るか?と言われたらそれはないかなと見ています。

ただ注意点としては、空売り比率が42.6と落ちてきたところもですが、やはり円安が市場を支えているというところが気になるところです。

世界で利上げをする中で日銀だけが頑なに金融緩和を続ける姿勢をとっていました。その姿勢を貫いていたのは黒田元総裁ですが、植田新総裁となりましたが、今晩、植田和男新総裁の記者会見を控えています。

「サプライズ人事だったということもありますので、正直どういった発言がでるか」は予想しにくいですが、可もなく不可もなく、今の金融緩和は現状は変える予定はないレベルだと思っていますが…投資家のテンションを下げる余計な発言するのは岸田総理だけにしてほしいところです。

今日の個別銘柄の動向ですが今日は大型株が指数を支えたという印象ですが、ファーストリティ(9983)、第一三共(4568)、任天堂(7974)、日本郵船(7974)が併せて日経平均株価を70円程押し上げています。

小型株は強弱入り乱れる動きではありましたが、材料株に素直に資金が集まっていますが、ブログでも記載したかっこ(4166)がSTOP高張り付きとなりましたね。週末記載のアイビーシー(3920)も高値859円まで上昇となりました。

乱高下激しいですが、買値よりも上にいったら半分利益をとって欲を出さずに買値より上で逆指値を入れる。これを徹底してれば勝てているかと思います。特に一夜で景色が変わりやすい重要指標を控えている環境ですので、注意しながらしっかりと利益を出していきましょう。

※「PR yahooファイナンス1位の実績!急騰線銘柄を無料プレゼント!」

明日注目の銘柄ですが、投資家人気の高いテーマ「ChatGPT関連銘柄」の中からASJ(2351)を記載致します。

「億トレ」サラリーマンの注目銘柄 ASJ(2351)

ASJは東証グロース上場、1984年設立の旧アドミラルシステムがPC用ソフト開発・販売への事業転換を経て、96年にソフト開発のノウハウを生かしたサーバホスティングに参入。機器設備や施設を自社開発し価格面で優位性を持つサーバーホスティング業界で中堅の企業です。

同社のテーマですが、「ソフト・システム開発」 「クラウドコンピューティング」 「iPhone関連」 「Webサイト構築」 「オンラインゲーム」 「決済サービス」 「ホスティング」 「SOHO」 「モバイル通信販売」 「国際会計基準」 「テレワーク」 「グループウエア」 「eコマース」 「電子決済代行サービス」 「IT関連」 「フィンテック」 「サブスクリプション」 「Society5.0」 「クラウドゲーム」 「HRテック」 「後払い(BNPL)」に該当します。

同社の保有ブランドですが「ホットビズ」 「ASJサーバー」 「ASJペイメント」 「eドメインで.com」 「HotBiz」などがあります。

グループ会社が「ChatGTP」に対応したAIキーボードアプリ「PassKeys」リリース!

直近の決算を見ますと23年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結最終損益は2100万円の黒字(前年同期は4900万円の赤字)に浮上し、通期計画の4300万円に対する進捗率は48.8%と赤字から黒字転換と改善傾向と持ち直している同社ですが、医療機関向けのERPが終盤にかけ積み上がっており、決済代行は商工会議所向けが下支え、営業黒字となっています。

その同社が人気テーマとなっている「ChatGPT」で23年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結最終損益は2100万円の黒字(前年同期は4900万円の赤字)に浮上し、通期計画の4300万円に対する進捗率は48.8%となっています。

赤字から黒字転換と業績は改善傾向となっている中で、同社グループの株式会社イー・フュージョンは、ChatGTP に対応した AI キーボードアプリ「PassKeys」のリリースを開始したと発表しています。

「PassKeys」は、パスワードが求められる Web サイトに素早く入力できるキーボードアプリ、 「PassKeys」にChatGTP APIを組み込むことで、「PassKeys」に登録した質問文を手軽にChatGTPへ送信することができる。質問文及び回答について、コピーアンドペーストせずに、 任意のアプリケーションにてChatGTPを直接展開できるという特徴をもっています。

まだ国内では「ChatGPT」を導入している企業は少なく、大手のNTTドコモは現在は利用はないが、「ただし、今後社内で利用申請があった場合には活用を検討していく」とコメントしています。

「ChatGPT」は国内での導入は今後増えていくのは間違いないでしょうし、本業も黒字化していますので、業績面のさらなる上積みが期待できますので注目銘柄と言えるのではないでしょうか!

「株式相場で勝率を高めるなら億トレも参考にしているサイト一覧!」※毎日急騰期待銘柄を配信していますよ↓

※PR※株は情報収集を徹底するのが一番です、利用して信頼のできる株式情報サイト一覧!



今の相場こういう時こをアンテナを張って取り組めば勝てる相場と言えます。 チェックしておくべき著名ユーザーとしてcisさんやテスタさんなどのツイッターアカウントが取り上げられたりしていますが、フォロワー数が日に日に増えていますね。
株ブログを書いていると、チェックしておいた方が良さそうな株情報とか何かないか聞かれたりするんですが、影響力がありそうな人やサイトが配信している情報はなるべく見ておいた方がいいと思います。

理由はいくつかありますが、

・勢いがある個別株に関する情報をいち早く知れたりする。
・いつも相場を見ている人の情報は何かと的を得ていて参考になる。
・取り上げられた個別株に投資家の注目が集まりやすいのではと考えられる。

などが主な理由です。

株はやはり“出来高があって動く銘柄”“注目が集まっている株”“注目が集まりそうな株”
をいかに上手く狙えるかってところがあると思うので、フォロワー数が多く注目されていそうな株情報は見ておくに越したことないんじゃと思います。

同じような理由で株サイトが配信するメルマガ情報もいくつかチェックしてますが、下記サイトは結構オススメです。

株式投資関連でオススメのメルマガ情報
株エヴァンジェリスト⇒
各種大手メディアに引っ張りだこの有名投資家で株式評論家でもある「Bコミ」こと「坂本慎太郎」氏がセールスプロデューサーに就任。 所謂、機関投資家として10兆円以上の資金を動かすなどして活躍後に独立。 現在までに年間200回を超えるメディア出演をこなす他、セミナーや投資本の執筆、SNSなどを通じ幅広く活動を続けています。 また、2017年3月から始めた「資金150万円チャレンジ」では、ファンダメンタルズ分析を中心として150万円の資金を僅か1年5ヵ月で約5,000万円まで増加させるなど個人投資家としてもその実力の一端を見せているだけに期待が持てる投資顧問です。
新生ジャパン投資⇒
高山緑星こと前池英樹さんが社長を務めるサイト。「2036年までの未来予測」を完了しているとしており、冗談のようだが本当に株価の動きを読むのが上手い人と感じています。また株式カレンダーなどで有名な大井川源太さんとラジオもやっています。有料銘柄は言わずもがなですが、無料銘柄も自信のある銘柄はしつこく何度も推奨してきますのでそういった銘柄は大きく勝てる可能性があります。
株マイスター⇒
本村健さんのコラムを無料掲載しているサイト。業界長く、老舗顧問に部類するサイトだと思いますが、タイムリーな情報を的確に配信してきている印象。これまで市場を盛り上げた銘柄を何度もナイスなタイミングで取り上げてきています。本当に凄いのでサイト内で掲載となっている直近提供銘柄の推移などを見てみた方がいいと思います。
株株⇒
橋本罫線考案者の橋本明男さんや、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤さんなどのコラムを無料掲載しているサイト。橋本明男さんも堀篤さんも以前ヤフーファイナンスの株価予想で予想を出していた人ですが、業界でのキャリアが長い人の記事は要点が上手くまとめられていたりで分かりやすいと思います。無料メルマガで「急騰期待銘柄・注目株」情報を入手できたりする。
アレス投資顧問⇒
アレス投資顧問はコンセプトに「会える投資顧問」とあるように、直接担当者とも会うことができるという点です。アレス投資顧問代表の阿部さんのyoutubeチャンネル「アベタカシの投資TV」を見ても分かると思いますが、タイムリーな銘柄や今後の相場展望を解説していて、しっかりした投資顧問というのが分かると思います。「無料メルマガ登録で1ヶ月以内に上昇が期待できる銘柄をもれなくお届けしています。」
グラーツ投資顧問⇒
アドレス登録で大本命3銘柄を無料提供してもらえますが、カブ知恵代表取締役の藤井英敏さんのコラム「投資の方程式」などを無料掲載しているサイト。知名度が高い人が顔を出していて情報網が広そう。配信されている個別銘柄情報を見ると推奨理由などがしっかりと書かれている印象ですが、急騰銘柄をこれまでいくつも当ててきていて高い上昇率を残してきています。
スナップアップ投資顧問⇒
元証券マンで“相場の千里眼”“金融商品のスペシャリスト”と称される有宗良治さんが代表取締役をしていて、業界での繋がりが多そうなサイト。推奨された銘柄が結構高いパフォーマンスをみせてきているので、株で思うように利益を上げられない、毎月株で利益を得ていきたいと思う人は、試しにでも一度メルマガ登録して配信情報をチェックしてみることをおすすめします。
私は上記全て配信登録してますが、寄りつき前にサラっと読むだけでその日の注目しておいた方が良さそうな点や面白そうな銘柄情報などを知れたりするので、上手く立ち回れてないって人は冗談抜きにチェックしてみることをオススメします。

配信情報を見ている人と見ていない人とでは、狙える銘柄の幅が違ってくるのではないかなと思います。

ヤフーなどで株用のメールアドレスを作って配信登録しておくと株関連情報をまとめてチェック出来たりで便利ですよ。

株はどんな相場のときも情報戦です。

相場の流れに上手く乗れるよう、少しでも根拠をもって取引出来るよう、トレードに役立ちそうな情報や相場への影響力がありそうな情報はしっかりチェックしておきたいですね。

※最終的な投資判断は自己責任にてお願いします。当ブログは銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。

-AI関連銘柄, ChatGPT関連銘柄