マザーズ底入れの可能性大!日本株は大幅反発!1月12日の相場雑感と注目銘柄

相場雑感と注目銘柄

本日の相場雑感

昨晩の米国市場は、市場が警戒していたFRBパウエル議長の上院銀行委員会の指名承認公聴会がありましたが、2時間半という長時間に及んでいましたが、高インフレが続くことに対して懸念を示し、インフレは年央までに緩和するという見通しを示しつつも、FRBはインフレ上昇の「定着」を防ぐために必要な措置を講じる用意があると表明。

利上げや金融緩和縮小に関する時期やペースを巡る決定についても「幾分機敏となる必要がある」と述べた上で、金融政策の正常化を巡り、FRBはまだ何ら決定していないとしましたので、タカ派的な発言となると予想されていましたので、市場は素直に好感する動きとなりましたね。

長期金利が低下した事で直近で叩き売られていた半導体などハイテク株が買い戻され、NYダウは終値36,252.02ドル、前日比+183.15ドルと5日ぶりに反発。

ナスダック総合指数は長期金利一服から主力ハイテク株が買われ終値15,153.45ポイント、前日比+210.62ポイントと続伸となりました。

昨日でナスダック総合指数は売り物一巡したという感じでしたが、パウエル議長のインフレに対しての発言もありますからね。チャートは底入れして反発という感じになっていますので、もう一段上げありそうですね。

日本株は、米国市場が主要3指標上昇しましたので、素直に買いが入っていましたが、売られていた半導体関連や電機株などハイテク株が強い上昇となっていましたね。

日経平均株価は終値28,765.66円、前日比+543.18円、TOPIXは終値2,019.36ポイント、前日比+32.54ポイントと反発。

今日は断続的に買われ続けて終日強い動きとなりましたが、中国市場も香港、上海と強かったですし時間外のNYダウ先物もしっかりでしたからね。ただ日本株は急反発しても一日しか持たない…という傾向ありますから注意ですね。

新興市場はジャスダックも反発。売られすぎて市場参加者が極端に減ったマザーズ指数は、底を打った様な動きになっていますね。ハイテク株が買い直されてようやく戻ってきたわけですが、マザーズ指数のチャートを見ますと、5日線を抜けて引けていますし、一つ目の窓埋めまではいくとは思います。

ですが、注意点は新型コロナウイルス、オミクロン型は症状は軽くただの風邪という感じありますが、国内で1万人を超えて、東京都でも去年9月4日以来の2000人突破ですからね。政府も規制に対して動いている様なニュースもありますので、やはりどうしても投資家の不安感は拭いきれないですね。

オミクロン型急増での思惑でSTOP高を連発していた【3604】川本産業は、案の定ストーンと急落しましたが、まあ…思惑ですからね。勿論、マスク需要が高まるというのは分からないでもないですが、マスクはありふれていますからね~。5日線で一旦戻り反発はありそうですが、後場からのあの売られ方を見ても、下手に手をだすのはリスクが高いと言えます。

IPO銘柄はDX関連の【4261】アジアクエストは小幅高。法人向け入退室管理及び監視カメラシステムの提供の【4264】セキュアも反発。チャートが上を目指す形になったらエントリー予定です。

注目している【6524】湖北工業は、本日は高値9550円と上場来高値更新!抜群のチャートではありますが、5日線との乖離がでてきていますね。ただこの銘柄は1万円は超えるとは思っているのですが、ボラが激しいので注意しながらですね。

【4418】JDSCは売り物も一巡したかな?という感じですと記載しましたが、今日は見事に吹っ飛びましたね!ただ単発で終わる可能性もありますので、5日線割り込んだら無理せずにという感じですね。

【4125】三和油化工業は上昇しましたね。この銘柄は工業産業廃棄物を再資源化するリユース・リサイクル事業と中々ポテンシャルが高い銘柄ですからね。テーマもですが、リチウム電池用電解液の受託製造という強みもありますので注目しています。

再生可能資源であり、食糧とも競合しない非可食バイオマスを原料として、バイオ燃料やグリーン化学品を製造する新規産業の【9212】グリーン アース インスティテュートも大幅続伸しましたね。個人的にもかなり期待している銘柄です。

半導体関連も売り物がでていましたが、【8035】東京エレクトロンは上昇、【6920】レーザーテックは上昇、【6857】アドバンテストは上昇。【6723】ルネサスエレクトロニクスは上昇、【6890】フェローテックは下落、【7433】伯東は小幅高、小型の半導体銘柄【6336】石井表記も上昇して900円台回復。

半導体関連は、売りが続いていましたが、見事に切り返してきましたね!【6323】ローツェも抜群の決算を発表していましたね。需要から半導体関連は業績抜群の企業が多いですし、半導体はやはり今年もテーマですからね!

私の知り合いのプロトレーダーが注目しているメタバース関連の【8783】GFAは終値119円。とりあえず反発とはなりましたが、まだチャートが弱いですからね。ただ今年はメタバース関連は大注目のテーマですので引き続き注目です。

【2158】FRONTEOは反発、ただのあや戻しの可能性ありますので、吹き値で売って下で待つというのがよろしいかと。

第二のフロンテオと言われている銘柄で、【3853】アステリアは反発。AI関連は有望テーマですので注目ですが、25日線まで待ってのエントリーが良さそうと見ています。

【4412】サイエンスアーツは、一段安。ちなみに1月14日に決算ですが、これを持ち越すのはかなりリスキーかと思います。

ウルフ村田関連も【3121】マーチャントは小幅下落。もうあのオバサンもこれをやる気はなさそうですので、消し予定。

【1783】アジアゲートは上昇。ウルフ村田のおばさんが100円は間違いないなんて煽っていますから、個人投資家が買ってきている感じですね。チャート的には面白い位置ですし、80円まで下げたら拾ってみようかなと思っています。

【5915】駒井ハルテックは上昇!押し目買いもしっかり入っていますね。一旦ストーンとありそうな感じしますが、そこは買い場と思っています。

注目銘柄で記載した【6912】菊水電子工業は昨日、ドスンと下げが来ましたが、今日は綺麗な反発。やはり素性の良い銘柄ですので、押し目はしっかり拾われますね。

【6658】シライ電子は急反発、チャート的には売りも一巡した感じですね。割安で時価総額も低い企業ですので、もう一発、二発とありそうとは思っています。

【6047】Gunosyは小幅高、700円近辺で拾いたいと思っていますが、決算後からかなという感じです。

オミクロン型の感染からバイオ関連がテーマとして注目が集まっていますが、記載した【4587】ペプチドリームは続伸。あや戻しの可能性ありますので、もう少し様子見です。国内新型コロナウイルス治療薬、ワクチンの大本命と言われる【4507】塩野義製薬は小幅下落となりました。

【6758】ソニー関連の【7725】インターアクションは決算悪かったですね。これは消しですね。

3月期企業の決算シーズンとなりますが、今回は新型コロナウイルスから立ち直っている企業が多いですが、めんどくさいのはオミクロン型に対して企業が見通しに対して厳しく見る可能性ありますし、例の如くの材料出尽くしというパターンとなる銘柄も多そうですからね。

今一つ言えるのは割高な銘柄の決算は、多少良くても売られ、悪かったら暴落となりますので、かなり覚悟して挑むべきかと思います。ただ割安で良さそうな銘柄はSQ通過後から攻めていこうかなという感じです。

※LINE会員様限定で面白そうな銘柄配信しています。興味ある方はLINEしてもらえたらと思います。

現在の市場のテーマ

感染症対策関連銘柄

旅行・観光・宿泊

メタバース

鉄鋼

オンライン診療

原発関連

人材派遣

半導体

脱炭素

再生可能エネルギー

太陽光

仮想通貨関連

アフターコロナ関連

明日の注目銘柄

・菊水電子工業(6912)

本日は急反発、東証JQ上場、PER19.2倍、PBR1.2倍、時価総148億円の小型、据置型直流安定化電源、耐電圧試験器に強みを持ち商品シェアは国内でもトップクラスの電子計測器および電源機器の専業メーカーです。

新型コロナウイルス感染再拡大や世界的な半導体、電子部品等の需給逼迫の影響により、営業活動の制約はありますが、同社の重点市場である航空宇宙、電池、自動車のCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)、サーバー・ICT(情報通信技術)関連市場、並びに半導体関連市場、5G関連市場など、グローバルで需要の回復しています。

特にグリーンエネルギー政策により需要が拡大している米国や自動車のEV化の加速とインフラ需要の旺盛な中国を中心に海外売上高が大幅に増加し、EV用電池向け耐電圧試験器が会社予想を遥かに超える受注となっている様です。

とにかく業績面は上方修正を2度もする抜群の業績です。EV用充電器は需要はまだまだここからという感じで見ています。

・湖北工業(6524)

本日も上場来高値更新。自動車関連、東証2部に12月22日に上場のIPO銘柄、アルミ電解コンデンサ用リード端子と光部品・デバイスのリーディングカンパニーです。

業績面もよく、自動車関連はここから需要高まっていきますので、同社の業績も高まっていくと見ています。連続STOP高して本日は下落しましたが【4412】サイエンスアーツの再来となるのでは?と期待しています。まだまだここからという感じですが、IPO銘柄特有の突然の急落もありますので警戒しながらという感じですね。

・Gunosy(6047)

本日は小幅高。今後化けそうな銘柄と見ています。インドでクレジットカードサービス「slice」を提供するGaragePreneursの強制転換条項付優先株式の追加取得を決定したという材料ですが、最大で1000万ドル相当の優先株式取得を計画というのもですが、インドは10億人の大国ですが、クレジットカードの普及はまだまだここからですので、今後かなりの含み益が出る可能性がありますね。決算前ですので売り物もでますが、期待はしています。

・コムチュア(3844)

本日は上昇。クラウドが主力の独立系SI、情報系システムの開発・構築に実績を持ち、アマゾン、セールスフォースのクラウド基盤をベースとした基幹システム、webサイトの開発が中核事業としています。

同社はDX関連での本命視される銘柄の一つですが、DXで企業や社会の未来の変革をリードする「Leadthe Future」の精神のもと、デジタルソリューションパートナーとして新しい技術やソリューションを組み合わせ、クラウド、ビッグデータ/AIなどのデジタルプラットフォームを活用して、高付加価値なコンサルティングなどの上流工程のビジネス拡大を見込んでいます。

何といっても同社ですが、直近の決算が抜群です。クラウド支援サービスに重点を置いた事で業績が絶好調ですが、21年4~9月期決算は、売上高が前年同期比19%増の119億9500万円と2割近い増収を確保、営業利益も同47%増の19億6100万円となっています。

DXの本命ではありますが割高感からも投げ出ますね。ですが半導体、DX、脱炭素、再生可能エネルギーはここから飛躍する3大テーマですので、期待はできると見ています。

・山善(8051)

本日は上昇、東証1部上場、PER10.2倍、PBR0.87倍、時価総額994億円の中型株、機械、工具、住宅設備、家電用機器専門商社の大手、工作機械や住設機器などに強みを持つ企業です。

伊藤忠・阪和興業・岩谷産業・長瀬産業・稲畑産業などと並び、大阪を本拠とする商社の一つです。YAMAZENのブランドで家電製品が量販店で広く販売しています。

8月11日発表の決算では、22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比93.2%増の35億円。国内外を問わず総じてコロナ禍からの回復傾向にあり、消費財関連事業においても引続き好調に推移する見込みのため、通期の同利益を従来予想の115億円→130億円(前期は112億円)に13.0%上方修正しています。

PER10倍と割安、うーんというチャートですが、この辺りは反発局面ですが下回ったら投げます。

・レーザーテック(6920)

本日は上昇。半導体関連、EUV向けマスクブランクス検査装置を手掛けていますが、EUV(極端紫外線)露光工程で、先端半導体を量産する台湾のTMSCや韓国サムスン電子に加え、米インテルやマイクロン・テクノロジー、韓国SKハイニックス等も導入する計画が見込めるとの事です。

決算内容は大幅減益と何ともという感じでしたが、短期的な収益悪化は装置の検収タイミングによるもので、受注高は4.4倍と急拡大しています。上昇していく期待は高いですがPERを見ると割高ですので、その点は注意ですね。

・フェローテック(6890)

本日は急落。半導体関連の割安で業績抜群の企業です。買い目線の理由は、【6890】フェローテックの過去記載内容を見て頂けたらと思います。各証券会社が目標株価を5000円以上としています。同社の真空シールは世界シェア約6割、台湾の受託製造大手TSMCや韓国サムスン電子などの半導体設備投資需要もあり業績は拡大していく見込みは十分です。

決算内容は22年3月期業績予想を上方修正、上期営業利益は2.7倍と抜群!今日は中々きつい下げを見せていましたが、今後も上下しながらも高値更新予想しています。

・ルネサスエレクトロニクス(6723)

本日は上昇。ルネサスエレクトロニクスは自動車用のパワー半導体を主力とする企業です。2日付の日本経済新聞朝刊で、「半導体の安定供給へ向けて積極投資する方針を明らかにしており、さらに買収した英半導体企業から工場の自動化などIoTを強化し、相乗効果は製品群の組み合わせなどで約360億円の利益が見込める様です。パワー半導体は自動車業界見てもですが大手自動車メーカーの生産回復のメドが立つなか、来年に向け引き続き好調な事業環境が見込めます。まあこれもまだまだここから!

・NTTデータ(9613)

本日は上昇。デジタル庁、DX(デジタルトランスフォーメーション)関連。東証1部に上場、時価総額3兆3618億円。1988年設立。NTTグループ傘下で官庁・公共・金融機関向けの大型システム受託データ通信やシステム構築事業を手掛けています。国内外に300社以上の子会社を持つ国内では最大手のIT企業となります。テクニカル、テーマ性十分で中期目線でも勝負できる銘柄と位置付けております。

業績はしっかり上期の受注高は国内における順調な案件獲得に加え、海外事業の規模拡大及び為替影響により増加して22年3月期第2四半期累計(4~9月)連結営業利益が1091億3800万円(前年同期比71.0%増)となり、通期計画1800億円(前期比29.3%増)に対する進捗率は60.6%!まだまだ期待です。

明日の空売り注目銘柄

・enish(3667)

本日は小幅安。東証1部、ゲームアプリ関連、ソーシャルアプリ・ゲームの企画・開発・運営を手がける企業ですが、環境悪い時は買われて、良い時は売られる。という感じですが、業績微妙ですからね。上がったら叩けばいいという感じで見ています。

日本ペイント(4612)は続落しましたね。海外市場における株式売出実施を発表、売出株数は最大で発行済み株式数の6.7%でしたので、これが嫌気されて急落しましたが、PERも割高ですし、安値更新しましたからね。売り継続です。

<PR>株高の流れの期待!日々の急騰期待銘柄を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました