NFT(非代替トークン)関連銘柄一覧と本命や出遅れの注目銘柄まとめ

NFT(非代替トークン)関連銘柄

NFT(非代替トークン)というブロックチェーン技術を用いたデジタルコンテンツの資産価値が注目されています。株式市場も敏感に反応して株価に影響を与えていますので、NFT関連銘柄をまとめてその背景を考えていきます。

NFT(非代替トークン)とは

NFT(非代替トークン)とはnon-fungible tokenの略でありブロックチェーンと呼ばれるデジタル台帳上のデータ単位を表すものです。これにデジタルコンテンツを紐付ける事で、その所有権を保証できる事になります。

ブロックチェーン技術を相互交換できるようにして活用されているものが暗号資産であり、交換できないようにして署名機能をもたせたものが後述するアート関連での活用と考えてもらうとわかりやすいかもしれないですね。

NFT(非代替トークン)の活用例

同技術を用いた代表的な事例はデジタルアートの希少性を保証するものとなります。絵画などの現物があるアート作品に関してはその真贋を見極める事ができます。現物に使われる絵の具などの塗料などの分析などを通じて作成年代などもわかりますし、そもそも本物というものが存在します。あくまでも本物とコピーでは差が生まれる事になります。

一方でデジタルアート作品を考えてみましょう。そもそもアート自体を絵の具を使わず書いたものは、デジタルとして作成されます。0か1の数字の羅列で表示されます。0と1をコピーすればどれが本物であるかは判断がつかなくなります。0と1の並び順を完璧に揃えれば良いだけですからね。そこで、NFTに紐付ける事によって、その作品のマスターを保証する事ができます。NFTに紐付けられていないデジタル作品はコピー作品と認識される事になり、その希少性を保つ事ができます。

絵画で例えましたが、デジタルアートであれば何でも適用できます。絵・音声・動画、どれでも活用できる事ができますので今後の活用の広がりが期待されています。

NFT(非代替トークン)を用いたデジタルアートの資産価値の例

希少価値があるからこそ、美術品の価値は上昇します。これは普遍的なものです。NFTを用いたデジタルアートも同様で、その価値の高騰が度々ニュースになっていますのでまとめます。

・「5000 Days」byビープル(Beeple)

NFTとして市場最値での落札を記録。落札価格は6935万ドル。日本円にして約75億円です。

・クリプトバンクのアバター(CryptoPunk #6965)

落札額は800イーサリアム。3月23日現在のイーサリアムの価格から換算すると日本円で約1億2000万円となります。

・ニャンキャット(Nyan Cat)byクリス・トーレス(Chris Torres)

3イーサリアムから入札開始され落札は300イーサリアム。3月23日現在のイーサリアムの価格から換算すると日本円で約4600万円となります。

・Twitter創業者ジャック・ドーシーの初ツイート

落札価格は291万5835ドル(約2億1800万円)。

NFT(非代替トークン)の発展と課題

高額入札が相次いで日に日に注目が集まるNFTですが、その発展には課題もあります。

まず、一見高額に見える落札価格ですが基本的に暗号資産で売買される事が多いものです。ジャックドーシー氏の初ツイートはドルでの取引でしたが、ほとんどは暗号資産での取引となりますので、暗号資産の価値が下落すると、その価値も下がる事になります。

基本技術にブロックチェーン技術を用いている事からこの基盤が揺らぐと、NFTの価値の下落と暗号資産の価値の下落というダブルでのリスクを追う事になります。

また、法的整備が進んでいないのも暗号資産と同様に問題です。所有権の売買は活発になりつつありますが、著作権がどうなるのか?NFTも含めて著作権なのか?所有権の移転とともに著作権も当然移転すると考えられるのか?など、まだまだ問題も多いところです。

明確な法整備が進むか、判例がでるまではこのあたりの問題はおきそうですね。

NFT(非代替トークン)関連銘柄一覧

課題もまだまだ見えるNFTですが、もちろん正しく使えば利用価値もありますし、何より新技術なだけに今後はこれらを用いた新たな活用方法が生まれて来る事でしょう。新たな技術・活用が生まれるという事はそれだけ商機が生まれる事になりますので株式市場への影響も大きくなります。ここではNFTを活用した事業などを行っている関連銘柄をまとめていきます。

代表的なNFT関連銘柄の株価推移

銘柄名 銘柄コード 概要
エイベックス 7860 電通など11社からなる業界団体が運営する、権利の売買や利用ができるシステムと連携しNFTを使った著作権管理サービス「A trust(エートラスト)」を提供する。
マネックスグループ 8698 子会社のコインチェックが3月24日より「Coincheck NFT(β版)」を開始。NFTの出品・購入・保管ができる取引所となる予定。
シンワワイズ 2437 美術品の子会オークションを営む会社。自社で扱うアート作品を元に、NFTの生成・販売事業を行うと発表
スクエアエニックス 9684 ミリオンアーサーシリーズで、NFTデジタルシールを2021年夏に販売予定
gumi 3903 世界最大のNFTマーケットプレイスであるOpenseaに出資。NFTゲームのマイクリプトヒーローズを展開。スクエニのシールも出資先会社が手掛ける。
モバイルファクトリー 3912 日本初のNFTのマッチングプラットフォームを公開、経済産業省が国内で初めて行ったブロックチェーン技術のハッカソン「ブロックチェーンハッカソン2019」において、最優秀賞(産業技術環境局長賞)を受賞したBlockBaseと資本業務提携
Link-U 4446 出資先の会社がエンタメ特化ブロックチェーン「パレット(Palette)」をローンチ。NFTを利用したコンテンツ流通に最適化されていて関連銘柄として注目
フーバーブレイン 3927 ブロックチェーン開発を手掛けるDigital Entertainment Asset Pte. Ltdと資本業務提携
GameWith 6552 NFT自体がゲームと相性がよく、ゲーム関連の銘柄として注目を集める。
アクセルマーク 3624 NFTを利用したカード対戦ゲーム「コントラクトサーヴァント」を展開中。
クシム 2345 CAICA(2315)と関係が近く、ブロックチェーンに積極投資中で思惑が広がる
CAICA 2315 ネムの取扱量が世界一となるZaifを子会社化。同社にて今後NFTの取り扱いを検討中。
フィスコ 3807 クシム(2345)・CAICA(2315)・ネクスグループ(6634)と関係が近い事で思惑が広がる。ブロックチェーンに積極投資中。
ネクス 6634 クシム(2345)・CAICA(2315)・フィスコ(3807)と関係が近い事で思惑。
セレス 3696 暗号資産取引所ビットバンクの子会社に持つ。
ガーラ 4777 ブロックチェーンを活用したオンラインゲームを扱う。NFTへの波及も期待。
ファインデックス 3649 医療ヘルスケアデータの管理を展開。NFTを活用してデータ保護を図る。

NFT関連は最近市場で注目されたテーマとなります。そのため、市場での期待は高く株価が大きく動く事があります。NFT関連銘柄再度市場のテーマを集めた際には値幅取りのチャンスが生まれると思いますので、代表的な関連銘柄の動きを掲載しておきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました