8月18日相場雑感と明日の注目銘柄

相場雑感と注目銘柄

本日の相場雑感

昨晩の米国市場は、7月の小売売上高は前月比1.1%減と市場予想(0.3%減)と市場予想を下回る結果、新型コロナウイルス変異種、デルタ株の感染拡大、地政学リスクの再燃と言った悪材料があることで利益確定売りが出る展開、一時下げ幅が500ドルを超えましたが引けにかけては値を戻し、NYダウは35,343.28ドル、前日比-282.12ドル。ナスダック総合指数も、主力ハイテク株や半導体関連が売られた事で続落となりました。

米国市場が下落した事に対して、米経済の7割を占める個人消費の伸びの鈍化が意識されたなど色々と言われていますが、NYダウは〝6営業日ぶり〟の下落ですからね!

6営業日ですよ!

そりゃ利益確定売りでますよ!

一旦調整局面となってもおかしくはありませんが、明日発表される7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨、来週のパウエルFRB議長講演がどういう発言となるかのか。世界的なデルタ株の感染拡大はありますので、パウエル議長もハト派発言は崩さないと言えますが、利益確定売りも出やすいので米国市場の動向には注意しながらという感じですね。

日本株は日経平均株価、TOPIX、ジャスダック、マザーズと全市場反発となりましたね。

日経平均株価も5日ぶりに反発ですが、あれだけ売られ続けたらさすがに反発はするよって感じではあります。東証1部の売買代金も2兆1808億円と閑散ですし、昨日の高値は超えられず。チャート的にはまだまだ信用はできない感じですね。25日移動平均線を超えるまでは信用はしません。

昨日、海運株は崩れる可能性があると記載しましたが、あれだけの急騰を見せていましたので、さすがに崩れる動きとなりましたね。ただ、海運株に関しては小型はともかく【9101】日本郵船、【9104】商船三井の2台巨頭は高配当という下支えがありますので、今日の様な突っ込み局面は買って良しと見ています。

個人投資家の追証発生後の最近の動きは3分の2が追加入金、3分の1が投げという感じとなっていましたが、マザーズは1000ポイントを割り込んで993ポイントまでの下げがありましたが、急反発して終値1038ポイントと大幅反発。まあ反発はしましたけど売り込まれすぎて自律反発という感じです。明日上がるかという部分を見てみないと安心はできないという感じです。

昨日押し目は買いと記載した【6890】フェローテックですが2900円割り込んでから値ごろ感もでて急反発して終値3090円と素晴らしい上昇を見せてくれましたね。これだけ好業績ですので、まだしばらく押し目あったら拾って上で売るという投資でお小遣い稼ぎはできそうですね。

ちなみに株 株でも本日配信していましたね。決算で落ち切ったところでの配信は中々見事ですね。

※LINE会員様限定で面白そうな銘柄配信しています。興味ある方はLINEしてもらえたらと思います。

現在の市場のテーマ

感染症対策関連銘柄

海運

鉄鋼

国土強靭化

電線地中化

新型コロナ治療薬

半導体

脱炭素

再生可能エネルギー

太陽光

仮想通貨関連

アフターコロナ関連

明日の注目銘柄

・フェローテック(6890)

半導体関連が直近軟調な動き、中国市場に積極展開している不安要素から、決算前に下落基調となっていましたが、上方修正、大幅増配、割安と3拍子揃った内容からもここから大きく飛躍する可能性は高いと見ています。

中期計画はかなり大風呂敷との見方もありましたが、今回の決算はその予想に沿う内容、今後も高成長が期待できる企業です。2900円割れから急伸して終値3090円、下の玉は残しながらですが、今後も押し目買い、吹き値売りで取り組んでいきます。

・ロードスターキャピタル(3842)

本日は小幅高。不動産関連の割安銘柄、今後注目の銘柄です。本日は安値998円までありましたが、引けにかけては値を戻して辛うじてプラス圏。10日線を一時的に割り込みましたが、引けにかけては戻しましたのでまだ買い目線でいきます。再び撤退は10日線とします。

・日本郵船(9101)

船株の最大手、PER2.79倍、PBR2.23倍、配当利回りは今の高い位置でも8.5%と驚異的な配当の銘柄です。海運株全体が利益確定売りが出て5日線を割り込む展開とはなりましたが、10日線で反発。もう一段高はあると見ています。

後は、船株もですが、鉄鋼株では【5401】日本製鉄、商社では【8053】住友商事が買いで見ています。

・アルペン(3028)

本日は小幅高。好決算、増配を受けて株価は急伸していますが、信用売りも多く買戻しが入れば強い上昇トレンドに入る見込みも高いと言えます。高い位置でもみ合っていますが、上放れで追随買い、下放れで売りという感じですね。今の株価位置は鬼門のラインですね。3500円で撤退が宜しいかと思います。

・ティラド(7236)

本日は下落。直近の決算は第1四半期(4~6月)連結決算が、売上高328億7400万円(前年同期比30.2%増)、営業損益22億3900万円の黒字、市場予想よりも遥かに良い好業績だった事や併せて自社株買い発表しています。PER8.26倍、PBR0.54倍と割安です。信用倍率1.01倍と空売り燃料が満タンです。ちょっとチャートが危ういですが、引き続き買い目線。3000円割れ撤退とします。

・ニッポン高度紙(3891)

本日は小幅高。業績は22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.2倍の13.3億円、上方修正を発表。通期見通しも2期連続で過去最高益予想を上回る見通しとしています。逆指値3350円に刺ささる動きとなりました。下髭つけた動きからも反発局面ですが、75日線を超えてからと考えています。

・ティアンドエス(4055)

9月上場が期待される超大型IPOのキクオシア関連の銘柄です。キオクシアグループ向けが売上高全体の約8割を占めています。PER66.8倍、PBR11.56倍と割高ではありますが上場が近づくにつれて同銘柄への期待は高まると予想しています。

・オーナンバ(5816)

本日は上昇。PER8.9倍、PBR0.52倍、時価総額92.2億円。寄り付きから売られて再び700円を割り込み安値672円まで下落しましたが、その後は反発。一筋縄じゃいかない銘柄ですが、今日みたいに反発局面で買われる動きがでるのは良い傾向です。

明日の空売り注目銘柄

・タムラ製作所(6768)

本日も下落。LINE会員限定で「増し担保解除で一吹きあっても信用買い残が多いと帰って戻り売りの急所となりますのでその点は頭に入れましょう」と配信してから25日線を割り込み売りが加速しています。業績微妙で、まだ高い位置と言えますので売り継続です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました