8月2日相場雑感と明日の注目銘柄

相場雑感と注目銘柄

本日の相場雑感

8月相場に突入となりましたね。今週も宜しくお願い致します。

まずおさらいとして先週末の米国市場ですが、新型コロナウイルスの変異種デルタ株の感染拡大が懸念やAmazonの四半期決算の決算が市場予想平均に届かなかった事が嫌気とされてNYダウは下落。

Amazon下落、エヌビディアやクアルコムなど半導体関連株も下落した事でハイテク株が多いナスダック総合指数も3日ぶりの反落。

米国市場は軟調な動きではありましたが、日経平均株価、TOPIX共に7月末に大幅下落となった事から売られすぎの反動から買戻し優勢のスタート。

海運株、素材株、半導体関連などの銘柄を中心に強い買いが入っていましたが、香港ハンセン指数、米株先物も堅調に推移した事で引けにかけて強い動きとなり日経平均株価は先週末比+497.43円の27,781.02円、TOPIXは先週末比+38.97ポイントの1,940.05ポイントと共に反発となりました。

今日の動きで特に注目された業種では【9104】商船三井の好決算、配当増が火付け役となり33業種中1番の上昇となった海運株の動きは見事でしたね。

海運株の御三家の【9104】商船三井、【9101】日本郵船、【9107】川崎汽船と揃って10%近い上昇となりましたが、バルチック指数もまだ伸びがありますので、海運株は相場になっていきそうな感じしています。

しかし、月末の下落から一遍して景色を変える今の相場は「急落でぶん投げた投資家」はイライラするかと思いますが、リスクヘッジができない投資家は本当に地獄を見ますし、まだ相場環境的には弱含みの展開が続きますので逆指値を入れての冷静なトレードをするべきと思います。

注目すべき決算では、素材の会社でCM出している【5201】AGCがかなりの好決算を発表していますが、21年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結税引き前利益は前年同期比5.9倍の971億円。通期業績予想は同利益を従来予想の1420億円から1870億円に上方修正、増益率が2.5倍から3.3倍。

これだけでもサプライズですが、今期の年間配当を従来計画の140円から210円と1.5倍の大幅増額を発表しています。

PER、PBRの割安面もですが高配当でこれだけの好業績となれば買われない理由はないと思っていますが、内容としては良かった【5816】オーナンバはPTSでの下落の通り寄付きから急落、STOP安まではさすがにいきませんでしたが前日比-16.73%となっています。

大口が投げてそれに直近で相場環境とは逆行高して飛びついていた投資家が投げている感じかと思いますが、節目となるラインは全てぶっちぎって下げましたが週足の26週移動平均線辺りが買い場かなと思います。

週末に記載しました【3891】ニッポン高度紙が上方修正を受けて寄付きから株価急伸となりましたが、前回6月7日の高値4035円を抜けられなかったのが気がかりではありますが、これはまだ伸びていく気がしていますが…。

世界経済がデルタ株の流行で、中々取り組みにくい相場が続いていますが、日本株としては下値の堅さを見ても底入れという感じもしています。

※LINE会員様限定で面白そうな銘柄配信しています。興味ある方はLINEしてもらえたらと思います。

現在の市場のテーマ

感染症対策関連銘柄

オリンピック関連

国土強靭化

電線地中化

新型コロナ治療薬

半導体

脱炭素

再生可能エネルギー

太陽光

中小型株

仮想通貨関連

アフターコロナ関連

明日の注目銘柄

・ニッポン高度紙(3891)

業績は22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.2倍の13.3億円、上方修正を発表。通期見通しも2期連続で過去最高益予想を上回る見通しとしています。チャートは前回高値を抜けれていませんが、内容的には今後人気化しそうです。25日線割れ撤退。

・ティアンドエス(4055)

9月上場が期待される超大型IPOのキクオシア関連の銘柄です。キオクシアグループ向けが売上高全体の約8割を占めています。PER71.4倍、PBR12.35倍と割高ではありますが上場が近づくにつれて同銘柄への期待は高まると予想しています。4000円割れで撤退。

・エフオン(9514)

日本初の省エネ支援会社ですが、他再生可能エネルギー関連と比べて出遅れていた事から資金が集中しています。本日は下落。大きく下髭つける動きとなりました。明日も下げる様なら一旦撤退ですかね。

・プロルート丸光(8256)

本日は下落。乱高下しながらも再び400円台に乗せていけそうな動きを見せますが、ちょっと厳しそうなチャート形成となっていますね。10日線割り込んだら撤退で見ていきます。

・テスHD(5074)

本日は下落。2021年4月のIPO銘柄、同社は再生可能エネルギー発電所の運営や売電を主力展開する企業です。正直PER、PBRを見ると割高感は否めません、チャートは高い位置から下落してきましたので要注意ですね。10日線割れを明確に割れたら撤退で。

・オーナンバ(5816)

本日は大幅下落。上方修正&増配と一見して内容は良かったのですが、窓を開けての急落。業績が悪くて下がったわけではなく期待していた大口がぶん投げて個人もパニック売りがでた感じです。これはもう売り一巡しないとって感じですね。時価総額83.1億円

明日の空売り注目銘柄

・タムラ製作所(6768)

LINE会員限定で「増し担保解除で一吹きあっても信用買い残が多いと帰って戻り売りの急所となりますのでその点は頭に入れましょう」と配信してから25日線を割り込み売りが加速しています。本日の全体相場の上昇でもこの程度の上げならば売りは続けていきますが8月5日決算ですので、決算ギャンブルは売りも買いもリスキーなので注意。25日線超えたら撤退ですかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました