7月7日の相場雑感と明日の注目銘柄

相場雑感と注目銘柄

本日の相場雑感

はぁ~、東京都の新規感染者920人ですか…

まあ、それはさておき昨日は、欧州市場は5月の鉱工業受注指数は、2020年の初回のロックダウン導入以降、ユーロ圏外からの受注が低迷し最大の低下した事やドイツの7月景気期待指数も低下した事で軟調な推移。

米国市場は6月ISM非製造業景況指数、6月サービス業PMI改定値が市場予想よりも下回った事で景気回復鈍化懸念、原油価格の下落も加わりNYダウは下落。ナスダック総合指数は長期金利低下を受けてグーグルやアマゾンなどの主力株に資金が入り上昇となりました。

欧州市場、米NYダウが下落した事で日経平均株価は寄付きから大幅下落。寄付き後は東証1部の銘柄の8割以上が下落とほぼ全面安の展開。

中国ではネット規制でテクノロジー業界に対する取り締まりを強化の動きから配車サービスを展開し米国での上場を果たしたばかりの滴滴グローバルが提供するアプリを削除するよう国内のアプリストアに命じた事で米国に上場している中国関連企業は売りが続いています。

国内の中国関連企業にも飛び火しかねないと言えますが、ソフトバンクグループの参加のビジョンファンドは滴滴グローバルの大株主ですが、多数の中国関連企業に投資していますので余波が広がる可能性ありますね。

国内での感染者の状況は、東京都では新規感染者は920人との事ですが、政府は東京オリンピックは無観客はほぼ決定的、さらに東京都では緊急事態宣言を発令が決定しました。

政府の対応の混乱が目に見えている状況ですし、「感染者1000人の発表」が出る可能性。需給面では、ETF分配金の捻出売りが警戒され、複合的な要因が相場の重しとなっています。ワクチン接種先進国のイスラエルではデルタ株にはファイザーワクチンの効果が薄いなどの発表もありますので今週は売り仕掛け要素が高い相場です。今は買うではなく耐えるという状況ですかね。

アフターコロナ関連もですが、再びの緊急事態宣言となると売られる要素が高まりますので注意しておくべきと言えます。

現在の市場のテーマ

国土強靭化

電線地中化

新型コロナ治療薬

アフターコロナ

脱炭素

再生可能エネルギー

中小型株

IPO銘柄

明日の注目銘柄

・アジア航測(9233)

航空測量大手、自社が保有する航空測量技術システムとを活かし、河川・砂防、森林・林業支援のほか復興再生などの国土保全マネジメントを事業の柱としています。

チャートは25日線ラインでの推移、信用買い残は多いですが時価総額171億円と小型ですのでテーマが向けば面白そうです。と記載しましたが本日寄付き後から上昇して+5%!軟調な相場でよくやってくれました。

・日本電解(5759)

6月25日に新規上場したリチウムイオン電池や半導体向け電解銅箔の専業の企業。IPO上場から大暴騰していますが、しっかりの動き。5日線を割り込むまでは継続してみていきます。

・中発条(5992)

5日線割り込んで売り加速しましたが本日は小幅プラス。25日線割れで撤退。信用倍率0.9倍で逆日歩有り、時価総額340億円

・オーナンバ(5816)

チャートは厳しい形ですが、粘り強く推移。まだ様子見して良さそうと見ています。時価総額94.4億円

・ヤマウ(5284)

小幅上昇。鬼門の700円をキープできるか。PER5倍、PBR0.63倍の割安。時価総額44.5億円

・西武(9024)

アフターコロナの一角、本日は下落、1300円近辺で揉み合いから上放れしましたが、アフターコロナちょっと警戒ですね。時価総額4211億円と大型。

・東京機(6335)

現金保有狙い、移動平均25日線で揉み合い上放れで追随。本日+7%と大幅高。明日年初来高値超えれるのか!時価総額69.7億円

・メンバーズ(2130)

本日は反発。この環境でもしっかり。25日線も近づいてきてますので下支えとなりそう。PER36.7倍と高めですが期待はできそうと見ています。

・トリドール(3397)

本日はヨコヨコ。アフターコロナの注目銘柄、丸亀製麺は海外でも人気。揉み合いから上放れと好チャートとなりましたが、さすがに連日の上昇から反落。様子見

明日の空売り注目銘柄

・NexTone(7094)

一時5日線を超える上昇となりましたが、引けにかけては上げ幅縮小。相場環境からも5日線を明確に抜けるまでは売りスタンス継続

コメント

タイトルとURLをコピーしました