相場考察&注目銘柄!ニチリョク(7578)は急騰となった廣済堂HD(7868)に続く葬祭ビジネスの有望株!

PR

昨日は日銀金融政策決定会合が行われましたが、方針については現状維持を決めたことで、日経平均先物は大きく上昇となりましたね。

今回の会合では新たに「共通担保資金供給オペの拡充」が決まり、これは日銀が、適格担保取扱基本要領に基づき適格と認める金融資産(国債や社債など)を担保として資金を供給するという金融緩和の一環となる。

元々は誘導目標金利(0%)に沿って金利水準を決めていたものが、国債市場の実態に基づいて決定する形へと変更された事が好感され株高の流れとなりました。

引け後の会見でも黒田総裁は新たに決定しました「共通担保資金供給オペの拡充」については「現物国債の需給に直接的な影響を与えることなく、長期的な金利の低下を促すことができる」との考えを示しています。

今回の日銀金融政策決定会合での拡充による変更点は主に2つとなります。

1.日銀があらかじめ決める「固定金利方式」において、金利を従来の0%から買い付け毎に決定する方式へ変更

2.貸付利率を入札で決める「金利入札方式」において、期限の上限を従来の1年から10年に延長

上記2つについてはマイナス金利での貸し付けの可能性を排除しないと総裁は発言していますので、「金融機関は日銀から低金利で借り入れた資金で、利回りの高い国債を買うことができ利ざやを稼げる」様になります。

金融機関が買うことで日銀が国債を買わなくても金利低下を促すことができるので、目先は長期金利の上昇を抑えることができますので、グロース株にとってはプラスになると言えますね。

ここから期待ができそうな株プロの注目銘柄をPICKUPしました。

株プロサラリーマンの注目銘柄 ニチリョク(7578)

ニチリョクは1966年設立、80年代に墓地・霊園進出、霊園墓地や堂内陵墓(納骨堂)の受託開発・販売、葬儀場「ラステル」を運営、仏壇・仏具の販売や葬祭事業も手掛ける企業です。

同社のテーマですが、「専門サイト」 「葬祭」 「シニア」 「霊園」「就活」「高齢者ビジネス」「葬祭」「葬儀」に該当します。

同社の保有ブランドは「葬儀場 ラステル」があります。

依存先は、宗教法人興安寺(5.1%)     宗教法人威徳寺(2.5%)  となります。

ニチリョクは急騰となった廣済堂HD(7868)に続く葬祭ビジネスの有望株

廣済堂(7868)が株価3倍を超える急騰となり、葬祭ビジネスが注目されましたが同社は葬祭ビジネス関連の低位・割安・低時価総額銘柄です。

日本は高齢化社会ですので、葬祭ビジネスは今後業績を伸ばしていくと言われていますが、同社は葬式、法事、会食まで、供養の全てを完備、そして東京赤坂にある堂内陵墓はカードを挿入すると墓が出てくる自動搬送式納骨堂しており、低価格な納骨堂は需要は高まっていくと言えます。

同社は資本増強に伴い投資ファンド、バリューアップ・ファンド投資事業有限責任組合が筆頭株主となっていますが、最近ではシグマシンカ株式会社が7.09%保有の大量保有報告を出しています。

23区内における火葬の7割を手掛ける葬儀場の東京博善を持つ廣済堂も麻生グループが撤退後に「グローバルワーカー派遣」という中国人実業家・羅怡文氏に連なる中国ファンドの資本が入ってから急騰しましたので、同社株も面白みはあります。

時価総額17億円ながら超割安!終活全般に関わる商品を提供する新規事業も開始!

2023年1月17日には、主要事業以外の消費者ニーズを迅速かつ柔軟に具現化することを目的に、マーケティング本部内に終活営業部を新設しています。

新規事業では、生命保険および少額短期保険販売、不動産売買、遺品整理、その他関連商品・サービスの販売するというものですが、就活事業は今後需要ありますので業績への期待がもてると言えます。

直近の決算を見ますと23年3月期第2四半期累計(4-9月)の経常損益(非連結)は5600万円の赤字とはなっていますが、PER6.8倍、PBR0.41倍と超割安、時価総額17億円の小型株ですので2月10日の決算が改善されていれば化ける可能性が高い銘柄と言えますね。

※株は情報収集を徹底するのが一番です、利用して信頼のできる株式情報サイト一覧!


今の相場こういう時こをアンテナを張って取り組めば勝てる相場と言えます。 チェックしておくべき著名ユーザーとしてcisさんやテスタさんなどのツイッターアカウントが取り上げられたりしていますが、フォロワー数が日に日に増えていますね。
株ブログを書いていると、チェックしておいた方が良さそうな株情報とか何かないか聞かれたりするんですが、影響力がありそうな人やサイトが配信している情報はなるべく見ておいた方がいいと思います。

理由はいくつかありますが、

・勢いがある個別株に関する情報をいち早く知れたりする。
・いつも相場を見ている人の情報は何かと的を得ていて参考になる。
・取り上げられた個別株に投資家の注目が集まりやすいのではと考えられる。

などが主な理由です。

株はやはり“出来高があって動く銘柄”“注目が集まっている株”“注目が集まりそうな株”
をいかに上手く狙えるかってところがあると思うので、フォロワー数が多く注目されていそうな株情報は見ておくに越したことないんじゃと思います。

同じような理由で株サイトが配信するメルマガ情報もいくつかチェックしてますが、下記サイトは結構オススメです。
株式投資関連でオススメのメルマガ情報
新生ジャパン投資⇒
高山緑星こと前池英樹さんが社長を務めるサイト。「2036年までの未来予測」を完了しているとしており、冗談のようだが本当に株価の動きを読むのが上手い人と感じています。また株式カレンダーなどで有名な大井川源太さんとラジオもやっています。有料銘柄は言わずもがなですが、無料銘柄も自信のある銘柄はしつこく何度も推奨してきますのでそういった銘柄は大きく勝てる可能性があります。
株マイスター⇒
本村健さんのコラムを無料掲載しているサイト。業界長く、老舗顧問に部類するサイトだと思いますが、タイムリーな情報を的確に配信してきている印象。これまで市場を盛り上げた銘柄を何度もナイスなタイミングで取り上げてきています。本当に凄いのでサイト内で掲載となっている直近提供銘柄の推移などを見てみた方がいいと思います。
株株⇒
橋本罫線考案者の橋本明男さんや、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤さんなどのコラムを無料掲載しているサイト。橋本明男さんも堀篤さんも以前ヤフーファイナンスの株価予想で予想を出していた人ですが、業界でのキャリアが長い人の記事は要点が上手くまとめられていたりで分かりやすいと思います。無料メルマガで「急騰期待銘柄・注目株」情報を入手できたりする。
アレス投資顧問⇒
アレス投資顧問はコンセプトに「会える投資顧問」とあるように、直接担当者とも会うことができるという点です。アレス投資顧問代表の阿部さんのyoutubeチャンネル「アベタカシの投資TV」を見ても分かると思いますが、タイムリーな銘柄や今後の相場展望を解説していて、しっかりした投資顧問というのが分かると思います。「無料メルマガ登録で1ヶ月以内に上昇が期待できる銘柄をもれなくお届けしています。」
グラーツ投資顧問⇒
アドレス登録で大本命3銘柄を無料提供してもらえますが、カブ知恵代表取締役の藤井英敏さんのコラム「投資の方程式」などを無料掲載しているサイト。知名度が高い人が顔を出していて情報網が広そう。配信されている個別銘柄情報を見ると推奨理由などがしっかりと書かれている印象ですが、急騰銘柄をこれまでいくつも当ててきていて高い上昇率を残してきています。
スナップアップ投資顧問⇒
元証券マンで“相場の千里眼”“金融商品のスペシャリスト”と称される有宗良治さんが代表取締役をしていて、業界での繋がりが多そうなサイト。推奨された銘柄が結構高いパフォーマンスをみせてきているので、株で思うように利益を上げられない、毎月株で利益を得ていきたいと思う人は、試しにでも一度メルマガ登録して配信情報をチェックしてみることをおすすめします。
ゴールドリサーチ投資顧問⇒
Youtubeで生放送している株式天気予報という番組でお馴染みの伊東聡さんが投資顧問部代表をしているサイト。ツイッターで有名なトンピンさんがチャットに登場し話題となったりしてますが、面白そうなネタが色々入ってるからか推奨銘柄が高いパフォーマンスをみせてきています。短期資金が向かいそうな銘柄にいち早く乗りたいと思う人はチェックしておくことをおすすめするサイトです。
勝ち株ナビ⇒
伊東聡さんと一緒にYoutubeで株式天気予報という番組をやっている松尾彩香さんのコラム「あやかの銘柄リサーチ」や「投資家別・厳選株主優待銘柄」などのコンテンツがあるサイト。スマホアプリLINEを利用した情報配信も行っていて、メールじゃなくてLINEで面白そうな個別銘柄をチェックしたいって人に良さそう。LINE限定情報の思惑株は試しにでも一度チェックしてみることをおすすめ。
私は上記全て配信登録してますが、寄りつき前にサラっと読むだけでその日の注目しておいた方が良さそうな点や面白そうな銘柄情報などを知れたりするので、上手く立ち回れてないって人は冗談抜きにチェックしてみることをオススメします。

配信情報を見ている人と見ていない人とでは、狙える銘柄の幅が違ってくるのではないかなと思います。

ヤフーなどで株用のメールアドレスを作って配信登録しておくと株関連情報をまとめてチェック出来たりで便利ですよ。

株はどんな相場のときも情報戦です。

相場の流れに上手く乗れるよう、少しでも根拠をもって取引出来るよう、トレードに役立ちそうな情報や相場への影響力がありそうな情報はしっかりチェックしておきたいですね。

※最終的な投資判断は自己責任にてお願いします。当ブログは銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました