止まらない円安進行はどこまでいく?政府・日銀の「為替介入はいつあるのか」を予想しました!

PR

株プロサラリーマンの相場観

止まらない円安が続いていますが、前回の政府・日銀の介入は9月22日に〝ドル円146.90円で介入をして一気に崩れ140.36円〟となる場面もありました。ですが、雇用統計、CPI(消費者物価指数)の結果から米国は利上げ観測が高まり、日本は低金利継続と日米で金利格差が続いている事からドルが再び買われ円安進行が続いています。

私もCPI(消費者物価指数)の結果を見た後に介入も考えドル円をショートしてしまいましたが(トホホ…泣)、円安・ドル高は続き1ドル=148円台後半と32年ぶりの安値を更新、勢い的にも下手すると来週には1990年8月以来の150円台となる可能性は高まっていると言えますね。

ドル円は昨年末に115円程度でしたので、1年も経たずに150円!!20%以上の動き!

情勢不安のトルコリラや戦争となっているロシアのルーブルがこういった動きになるのはわかりますが、ドル円がここまでの動き、何といっても32年ぶりの止まらない円安というのは異常事態は間違いないですね。

為替介入したのに何でここまで円安・ドル高となったのか!

ここまでの円安進行となった要因ですが↓

・インフレ抑制へ異例の大幅利上げを続けるFRBの積極引き締め姿勢が継続する。今後も利上げを続ける姿勢を鮮明。
・日本はコロナから経済回復途上にある。金融緩和を継続する必要を訴えている。

というのが根本的な部分が解決していない。さらに言えば先日も黒田日銀総裁が「国内景気を支えるため、いま金利を引き上げる必要はない」と発言していますし、岸田総理も「円安メリットを生かす海外展開を考えている中小企業、さまざまな企業、合わせて1万社を支援していく」と表明しています。

この発言を見ても〝日銀も政府も円安を容認〟していると言えますので、円安・ドル高に投資マネーが向くのも仕方ないです。

政府・日銀も前回146.90円で介入しているというのを見ても、これ以上の円安進行は止めたいというのはあるでしょうが、僅か3週間程度で介入ラインを抜けてきましたので、世界の投機的なマネーが円を売ってドルを買うという方向に向いているというのは間違いないです。

政府・日銀の次の為替介入はいつあるのか?

神田財務官は「投機による過度な変動、これは容認できません」と為替市場に牽制を続けていますが、〝根本的に黒田総裁ブレずに経済回復までは金融緩和をしていく〟としていますし、米国が利下げ方向に舵を切るかウクライナ・ロシアの戦争に終焉が見えて資源価格などが落ち着くと言った事がない限りは、円安進行は続いていく可能性は高いでしょう。

とは言っても野放しにすれば、投機筋が勢いを強めもう一段の急騰という可能性もありますので、このままの推移となれば、為替介入はいずれ行われるのは間違いないと言えます。

年末までの為替の動きに対して見通しを出している数々のアナリストも年末150円をつけるかも?という発言が多かった。それが10月にきていますので、やはりドル円は150円という部分、ここは政府・日銀も意識しているラインです。

ドル円は達成感の出る150円つけたところで為替介入と予想します!

ただ政府も闇雲に介入してもという感じですし、できる限り引き付けてから介入という動きをするでしょうから、〝達成感の出る150円つけたところで為替介入があるのでは?〟と予想します。

もしくは150円を壁にするか?という感じですが、ただ個人的には先程も伝えた通り、根本的な解決がない事には「円安進行」は止まらない可能性は高いので、介入がきてもその後はまた為替進行は続く可能性があります。

私はショートポジを入れていますが、トレンドはロングですのでトレンドが変わるまで介入狙いで下手に逆張りするというのはリスクが高いというのは念頭にいれておきましょう。

※株は情報収集を徹底するのが一番です、利用して信頼のできる株式情報サイト一覧!


今の相場こういう時こをアンテナを張って取り組めば勝てる相場と言えます。 チェックしておくべき著名ユーザーとしてcisさんやテスタさんなどのツイッターアカウントが取り上げられたりしていますが、フォロワー数が日に日に増えていますね。
株ブログを書いていると、チェックしておいた方が良さそうな株情報とか何かないか聞かれたりするんですが、影響力がありそうな人やサイトが配信している情報はなるべく見ておいた方がいいと思います。

理由はいくつかありますが、

・勢いがある個別株に関する情報をいち早く知れたりする。
・いつも相場を見ている人の情報は何かと的を得ていて参考になる。
・取り上げられた個別株に投資家の注目が集まりやすいのではと考えられる。

などが主な理由です。

株はやはり“出来高があって動く銘柄”“注目が集まっている株”“注目が集まりそうな株”
をいかに上手く狙えるかってところがあると思うので、フォロワー数が多く注目されていそうな株情報は見ておくに越したことないんじゃと思います。

同じような理由で株サイトが配信するメルマガ情報もいくつかチェックしてますが、下記サイトは結構オススメです。
株式投資関連でオススメのメルマガ情報
新生ジャパン投資⇒
高山緑星こと前池英樹さんが社長を務めるサイト。「2036年までの未来予測」を完了しているとしており、冗談のようだが本当に株価の動きを読むのが上手い人と感じています。また株式カレンダーなどで有名な大井川源太さんとラジオもやっています。有料銘柄は言わずもがなですが、無料銘柄も自信のある銘柄はしつこく何度も推奨してきますのでそういった銘柄は大きく勝てる可能性があります。
株マイスター⇒
本村健さんのコラムを無料掲載しているサイト。業界長く、老舗顧問に部類するサイトだと思いますが、タイムリーな情報を的確に配信してきている印象。これまで市場を盛り上げた銘柄を何度もナイスなタイミングで取り上げてきています。本当に凄いのでサイト内で掲載となっている直近提供銘柄の推移などを見てみた方がいいと思います。
株株⇒
橋本罫線考案者の橋本明男さんや、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤さんなどのコラムを無料掲載しているサイト。橋本明男さんも堀篤さんも以前ヤフーファイナンスの株価予想で予想を出していた人ですが、業界でのキャリアが長い人の記事は要点が上手くまとめられていたりで分かりやすいと思います。無料メルマガで「急騰期待銘柄・注目株」情報を入手できたりする。
アレス投資顧問⇒
アレス投資顧問はコンセプトに「会える投資顧問」とあるように、直接担当者とも会うことができるという点です。アレス投資顧問代表の阿部さんのyoutubeチャンネル「アベタカシの投資TV」を見ても分かると思いますが、タイムリーな銘柄や今後の相場展望を解説していて、しっかりした投資顧問というのが分かると思います。「無料メルマガ登録で1ヶ月以内に上昇が期待できる銘柄をもれなくお届けしています。」
グラーツ投資顧問⇒
アドレス登録で大本命3銘柄を無料提供してもらえますが、カブ知恵代表取締役の藤井英敏さんのコラム「投資の方程式」などを無料掲載しているサイト。知名度が高い人が顔を出していて情報網が広そう。配信されている個別銘柄情報を見ると推奨理由などがしっかりと書かれている印象ですが、急騰銘柄をこれまでいくつも当ててきていて高い上昇率を残してきています。
スナップアップ投資顧問⇒
元証券マンで“相場の千里眼”“金融商品のスペシャリスト”と称される有宗良治さんが代表取締役をしていて、業界での繋がりが多そうなサイト。推奨された銘柄が結構高いパフォーマンスをみせてきているので、株で思うように利益を上げられない、毎月株で利益を得ていきたいと思う人は、試しにでも一度メルマガ登録して配信情報をチェックしてみることをおすすめします。
ゴールドリサーチ投資顧問⇒
Youtubeで生放送している株式天気予報という番組でお馴染みの伊東聡さんが投資顧問部代表をしているサイト。ツイッターで有名なトンピンさんがチャットに登場し話題となったりしてますが、面白そうなネタが色々入ってるからか推奨銘柄が高いパフォーマンスをみせてきています。短期資金が向かいそうな銘柄にいち早く乗りたいと思う人はチェックしておくことをおすすめするサイトです。
勝ち株ナビ⇒
伊東聡さんと一緒にYoutubeで株式天気予報という番組をやっている松尾彩香さんのコラム「あやかの銘柄リサーチ」や「投資家別・厳選株主優待銘柄」などのコンテンツがあるサイト。スマホアプリLINEを利用した情報配信も行っていて、メールじゃなくてLINEで面白そうな個別銘柄をチェックしたいって人に良さそう。LINE限定情報の思惑株は試しにでも一度チェックしてみることをおすすめ。
私は上記全て配信登録してますが、寄りつき前にサラっと読むだけでその日の注目しておいた方が良さそうな点や面白そうな銘柄情報などを知れたりするので、上手く立ち回れてないって人は冗談抜きにチェックしてみることをオススメします。

配信情報を見ている人と見ていない人とでは、狙える銘柄の幅が違ってくるのではないかなと思います。

ヤフーなどで株用のメールアドレスを作って配信登録しておくと株関連情報をまとめてチェック出来たりで便利ですよ。

株はどんな相場のときも情報戦です。

相場の流れに上手く乗れるよう、少しでも根拠をもって取引出来るよう、トレードに役立ちそうな情報や相場への影響力がありそうな情報はしっかりチェックしておきたいですね。

※最終的な投資判断は自己責任にてお願いします。当ブログは銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました