相場雑感と明日の注目銘柄、TOBの思惑で上昇の予感!【6502】東芝

PR

株プロサラリーマンの相場雑感

昨晩の米国市場は、写真・動画共有アプリ「スナップチャット」を運営する米スナップが4-6月(第2四半期)の売上高と利益の見通しを下方修正を発表。これを受けてソーシャルメディア関連銘柄が大暴落。

時価総額1350億ドル(日本円で約17兆円)余りが一日で吹き飛ぶという事態となり、ハイテク株が売り込まれNYダウは下げ幅が一時500ドルを超えましたが、売られすぎたハイテク株や景気敏感株と同様に売られてきたディフェンシブ株に押し目買いが入りNYダウは終値31,928.62ドル、前日比+48.38ドルと小幅に続伸。

ナスダック総合指数は、ハイテク株売られる流れ、中国・上海工場の生産回復が遅れが懸念となり自動運転のテスラが急落、アマゾンやメタ、半導体関連も総じて売られ終値31,928.62ポイント、前日比-270.83ポイントと反落して年初来安値更新となりました。

本当昨日の米スナップの決算はダメダメという内容でしたが、終値で-43%ですからね~…上場来最大の値下がりで、2017年の上場時の価格も下回っています。ハイテク株は金利上昇の懸念がありますが、悪かったらトコトン叩き売られるという感じですね。

7月物の清算値は前日比0.52ドル安の1バレル=109.77ドルと下落しましたが、ロシア産の原油を巡り、ドイツのハベック経済相が、ロシア産石油の輸入禁止で数日内に合意する可能性があるとの見方を表明しています。やはり輸入禁止となれば原油価格はまだ上昇していきそうではありますね。

日経平均株価は米国市場の不安定な展開から寄付きは売り優勢となりましたが、売り一巡後は買戻しが入り、その後はプラス圏に浮上する場面もありましたが、引けにかけて売られ日経平均株価は終値26,677.80円、前日比-70.34円と下落、TOPIXは1,876.58ポイント、前日比-1.68ポイントと小幅下落となりました。

新興市場は、ナスダックの下落からグロース(成長)株を中心に売りが広がりましたが、【4385】メルカリが本当ひどすぎですね。マザーズの値がさ株ですが配当もない、とにかく割高、それでもまだまだ信用買い残が多いですからね。とにかくこのメルカリならぬゴミカリが下げ止まらないとグロース株は厳しいとしか言いようがないですね。

官民ファンドの産業革新投資機構が【6502】東芝の買収を検討!!
インバウンド関連で【8202】ラオックスが新興市場が軟調な中でも大活躍という動きでしたが寄付き238円から終日堅調な推移が続き、前日比+9.87%となりました。
【6561】ハナツアーJは下落、【9424】日本通信も下落となりました。メタバース関連の【4777】ガーラが+5.3%、【3698】CRI・ミドルウェアが、コミュニケーションミドルウェア「CRI TeleXus(テレクサス)」のボイスチャット機能の先行試用ができるアーリーアクセス版の提供を開始したと発表の好材料から買われ+5.65%と上昇となっていましたが、チャート的にもこれはまだありそうと見ています。
【1518】三井松島は売られて-3.49%となりましたが、これだけ急騰して5日線を割れとなると売り方が一気に仕掛けてきそうですので、注意ですね。
海運株は強かったですね~【9101】日本郵船、【9104】商船三井は一段高となりました。基本的に配当利回りが8%くらいまでは買われる見込みは高いと見ています。
【4485】JTOWERはマザーズ指数の急落から行って来いとなりましたが、急落した時は買い、急騰したら売るという戦略で取り組んだ方が良さそうですね。
期待銘柄で記載しました【2986】LAホールディングスは小幅安。これだけの割安、高配当銘柄がほっとかれるわけないと思っていますので、来ると思っているんですけどね~。
【6613】QDレーザが、QDレーザは、量子ドットレーザーに対応したエピタキシャルウエハーとファウンドリーサービスの市場開拓を進めるとの報道から一時STOP高の上昇となっていましたが、この会社はグローバルニッチで技術は本当凄いのですが、収益につながっていないですからね~。ですが売られすぎていましたので、もう一発ありそうと見ています。

注目銘柄 TOB期待銘柄 6502 東芝

東証プライム上場、PER—倍、PBR2.06倍、利回り5.05%、時価総額2兆4862億円
日本の総合電機メーカー、大手重電3社(日立製作所、東芝、三菱電機)の一角、東芝グループの中核企業、TOPIX Large70の構成銘柄の一つ。
テーマとしては「リニア鉄道輸出」 「ブラジル関連」 「アベノミクス関連」 「中国関連」 「アフリカ関連」 「インド関連」 「防災」 「メガソーラー」 「次世代ネットワーク」 「省エネ住宅」 「石炭火力発電」 「地熱発電」 「石炭ガス化複合発電」 「CO2回収・貯留」 「インフラ輸出」 「省エネ支援」 「リニア中央新幹線」 「ITS」 「風力発電」 「スマートハウス」 「スマートグリッド」 「グリーンIT」 「電力設備投資関連」 「ロシア関連」 「放射能対策」 「コージェネレーション」 「鉄道関連」 「ドバイ関連」 「太陽熱発電」 「スマートシティ」 「ロボット」 「エレベーター」 「LED照明」 「リチウムイオン電池」 「蓄電池」 「燃料電池関連」 「原子力発電」 「重電」 「円安メリット」 「天然ガス火力発電」 「エボラ出血熱関連」 「太陽電池・太陽光発電システム」 「iPhone関連」 「Android」 「ビッグデータ」 「iPad関連」 「ICタグ」 「米国会計基準」 「BRICs関連」 「3D映像」 「電子政府」 「決済サービス」 「警備」 「バイオマーカー」 「電子カルテ」 「DNAチップ」 「MEMS」 「電子マネー」 「デジタルサイネージ」 「ウェアラブル端末」 「パソコン」 「タブレット端末」 「スマートメーター」 「生体認証」 「電子機器」 「システムLSI」 「センサー」 「ハイブリッド車関連」 「家電」 「3Dプリンター」 「パワー半導体」 「自動車電子化」 「防衛」 「宇宙開発関連」 「水素」 「半導体」 「カーナビゲーション」 「ブルーレイ」 「ノンフロン冷却」 「ハードディスクドライブ」 「有機EL照明」 「MRAM」 「リニアモーターカー」 「ユーロ高メリット」 「個別化医療」 「気象情報」 「ウラン」 「ヒートポンプ」 「ドライブレコーダー」 「エアコン」 「ICカード」 「原子炉」 「iPod関連」 「量子暗号通信」 「液晶テレビ関連」 「無停電電源装置」 「4K・8Kテレビ」 「電気自動車充電器」 「インフラ点検ロボット」 「ワイヤレス充電」 「火力発電」 「災害ロボット」 「自動運転車」 「情報セキュリティ」 「送電」 「電子部品」 「洋上風力発電」 「宇宙ごみ対策」 「電池関連」 「IT関連」 「電気機器」 「家庭用燃料電池」 「人工知能」 「5G」 「量子コンピューター」 「Windows7サポート終了」 「顔認証」 「Society5.0」 「親子上場」 「デジタルトランスフォーメーション」 「テレビ会議」 「ローカル5G」 「ポストコロナ」 「再生可能エネルギー」 「脱炭素」 「核融合発電」に該当します。
同社の保有ブランドは「かわりばん庫」 「みはりばん庫」 「インパルス」 「ウィルポス」 「エイチツーワン」 「エイプラザ」 「エクィアム」 「エネグーン」 「エフエスコンパス」 「エーピーピーライト」 「オーダー」 「オーダースター」 「カプリコーン」 「キングパワー」 「ギガビート」 「コスミオ」 「コスモヴィジョン」 「コードがゼロ」 「サトリス」 「サリー」 「ザブーン」 「ザ・トップインドラム」 「ザ・フロントインドラム」 「シミュレーテッド分岐マシン」 「ショップクラフト」 「シーエスディライト」 「ジャナライズ」 「スパインエックス」 「スマートイーディーエー」 「セミセルフ」 「セル」 「ターガシス」 「ダイナクラウド」 「テンクウ」 「ディナリオ」 「デイジーリングス」 「トゥスピーク」 「トルネオ」 「ネオボール」 「ビルネット・アイ」 「プライムストア」 「ベジータ」 「マイスター」 「マモリカ」 「メロウ」 「ラクー」 「リカイアス」 「リブレット」 「リーチ・マイケル」 「ワイド・アイ」 「ヴァルディア」 「ヴィスコンティ」 「ヴィッテス」 「大清快」 「徳永祥尭」 「排気がゼロ」 「木かげ」 「東芝ブレイブルーパス」 「田中久重」 「石のせ本かまど」 「石窯オーブン」 「石窯ドーム」 「空気の戦士」 「置けちゃうビッグ」 「藤岡市助」 「輝き仕上げ」 「銀河」 「鮮蔵庫」 「ApP Lite」 「BUILNET-i」 「Capricorn」 「Cell」 「COSMOVISION」 「CSdelight」 「Dailycook」 「DaisyRings」 「dynaCloud」 「Eiplaza」 「EQUIUM」 「eSTUDIO」 「FScompass」 「Genio e」 「gigabeat」 「gigashot」 「H2One」 「I wish」 「IMPULSE」 「Lacoo」 「libretto」 「Mamolica」 「Meister」 「O:der」 「OrderSter」 「PrimeStore」 「Qosmio」 「RECAIUS」 「SATLYS」 「SCiB」 「SemiSelf」 「ShopCraft」 「SmartEDA」 「SPINEX」 「TARGUSYS」 「TENQOO」 「The 強と清」 「TORNEO」 「ToSpeak」 「Typhoon Robo」 「VARDIA」 「VEGETA」 「Visconti」 「VITESE」 「WIDE-i」 「WILLPOS」 「ZABOON」
東芝を官民ファンドの産業革新投資機構が買収を検討!!
白物家電の日本におけるパイオニアのトップクラスの企業でしたが、粉飾決済など様々な問題から一時はあの世界の東芝が上場廃止が秒読みなど言われていましたが、何とか危機回避。その後もエフィッシモなどアクティビストとの問題があり何かとお騒がせな企業、最近では米投資ファンドのベインキャピタルが買収に関心を示すなどTOBの噂もでていましたが、官民ファンドの産業革新投資機構が東芝の買収を検討している様です!
今でこそこんな有様とはなっていますが、腐っても東芝ですからね!日本の電力技術、半導体まで幅広く国家の基幹産業技術を主導した技術を持っていますし、特に安全保障に繋がる技術が数多くありますからね。
経済安全保障を考えても米国はともかく中国などのファンドに買収などとなったら、国益もしくは国家情報の流出という可能性があります。
東芝が上場廃止寸前までいった原因の一つに経産省のお勧めによるWH買収に伴う原発投資の失敗という原因というのもありますので、政府としても多少は責任を感じている感じはありそうです。
バークレイズも5月16日に保有を増加させていますが、今回の産業革新投資機構の東芝買収という思惑がありますので、ここからまだ上昇していく可能性は高いと見ています。

※株は情報収集を徹底するのが一番です、利用して信頼のできる株式情報サイト一覧!

今の相場こういう時こをアンテナを張って取り組めば勝てる相場と言えます。

チェックしておくべき著名ユーザーとしてcisさんやテスタさんなどのツイッターアカウントが取り上げられたりしていますが、フォロワー数が日に日に増えていますね。

株ブログを書いていると、チェックしておいた方が良さそうな株情報とか何かないか聞かれたりするんですが、影響力がありそうな人やサイトが配信している情報はなるべく見ておいた方がいいと思います。

理由はいくつかありますが、

・勢いがある個別株に関する情報をいち早く知れたりする。
・いつも相場を見ている人の情報は何かと的を得ていて参考になる。
・取り上げられた個別株に投資家の注目が集まりやすいのではと考えられる。

などが主な理由です。

株はやはり“出来高があって動く銘柄”“注目が集まっている株”“注目が集まりそうな株”をいかに上手く狙えるかってところがあると思うので、フォロワー数が多く注目されていそうな株情報は見ておくに越したことないんじゃと思います。

同じような理由で株サイトが配信するメルマガ情報もいくつかチェックしてますが、下記サイトは結構オススメです。

株式投資関連でオススメのメルマガ情報
新生ジャパン投資⇒
高山緑星こと前池英樹さんが社長を務めるサイト。「2036年までの未来予測」を完了しているとしており、冗談のようだが本当に株価の動きを読むのが上手い人と感じています。また株式カレンダーなどで有名な大井川源太さんとラジオもやっています。有料銘柄は言わずもがなですが、無料銘柄も自信のある銘柄はしつこく何度も推奨してきますのでそういった銘柄は大きく勝てる可能性があります。
株マイスター⇒
小野山功さんや本村健さんのコラムを無料掲載しているサイト。業界長く、老舗顧問に部類するサイトだと思いますが、タイムリーな情報を的確に配信してきている印象。これまで市場を盛り上げた銘柄を何度もナイスなタイミングで取り上げてきています。本当に凄いのでサイト内で掲載となっている直近提供銘柄の推移などを見てみた方がいいと思います。
株株⇒
橋本罫線考案者の橋本明男さんや、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤さんなどのコラムを無料掲載しているサイト。橋本明男さんも堀篤さんも以前ヤフーファイナンスの株価予想で予想を出していた人ですが、業界でのキャリアが長い人の記事は要点が上手くまとめられていたりで分かりやすいと思います。無料メルマガで「急騰期待銘柄・注目株」情報を入手できたりする。
株エヴァンジェリスト⇒
株-1グランプリグランドチャンピオン大会で優勝している投資の女神「結城はるみ (旧:向後はるみ)」をストラテジー顧問に迎えているサイト。無料会員登録後に配信される「急騰期待注目株」は、取組期間およそ1ヵ月前後で、業績寄与度の高いテーマ性を持った有望株とありますが、市場で関心を集めやすそうなテーマ性をしっかり分析し、利益を得れる可能性が高そうな銘柄に注目してきている印象。
グラーツ投資顧問⇒
アドレス登録で大本命3銘柄を無料提供してもらえますが、カブ知恵代表取締役の藤井英敏さんのコラム「投資の方程式」などを無料掲載しているサイト。知名度が高い人が顔を出していて情報網が広そう。配信されている個別銘柄情報を見ると推奨理由などがしっかりと書かれている印象ですが、急騰銘柄をこれまでいくつも当ててきていて高い上昇率を残してきています。
スナップアップ投資顧問⇒
元証券マンで“相場の千里眼”“金融商品のスペシャリスト”と称される有宗良治さんが代表取締役をしていて、業界での繋がりが多そうなサイト。推奨された銘柄が結構高いパフォーマンスをみせてきているので、株で思うように利益を上げられない、毎月株で利益を得ていきたいと思う人は、試しにでも一度メルマガ登録して配信情報をチェックしてみることをおすすめします。
ゴールドリサーチ投資顧問⇒
Youtubeで生放送している株式天気予報という番組でお馴染みの伊東聡さんが投資顧問部代表をしているサイト。ツイッターで有名なトンピンさんがチャットに登場し話題となったりしてますが、面白そうなネタが色々入ってるからか推奨銘柄が高いパフォーマンスをみせてきています。短期資金が向かいそうな銘柄にいち早く乗りたいと思う人はチェックしておくことをおすすめするサイトです。
勝ち株ナビ⇒
伊東聡さんと一緒にYoutubeで株式天気予報という番組をやっている松尾彩香さんのコラム「あやかの銘柄リサーチ」や「投資家別・厳選株主優待銘柄」などのコンテンツがあるサイト。スマホアプリLINEを利用した情報配信も行っていて、メールじゃなくてLINEで面白そうな個別銘柄をチェックしたいって人に良さそう。LINE限定情報の思惑株は試しにでも一度チェックしてみることをおすすめ。

私は上記全て配信登録してますが、寄りつき前にサラっと読むだけでその日の注目しておいた方が良さそうな点や面白そうな銘柄情報などを知れたりするので、上手く立ち回れてないって人は冗談抜きにチェックしてみることをオススメします。

配信情報を見ている人と見ていない人とでは、狙える銘柄の幅が違ってくるのではないかなと思います。

ヤフーなどで株用のメールアドレスを作って配信登録しておくと株関連情報をまとめてチェック出来たりで便利ですよ。

株はどんな相場のときも情報戦です。

相場の流れに上手く乗れるよう、少しでも根拠をもって取引出来るよう、トレードに役立ちそうな情報や相場への影響力がありそうな情報はしっかりチェックしておきたいですね。

※最終的な投資判断は自己責任にてお願いします。当ブログは銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました