アフターコロナ関連銘柄 インバウンド関連銘柄

新型コロナ規制が解禁!〝本格化するアフターコロナ関連〟の億トレ注目銘柄ワシントンホテル(4691)

先週末の米国市場の動向は週末に記載しましたので《FOMC&雇用統計も通過!日経平均株価は3万円に向けていよいよ本格始動か!億トレ注目銘柄システムズ(3766)》を見ていただけましたらと思います。

ですが念の為にお浚いしておきます。

まず米重要イベントの5月FOMCは事前予想通りの0.25%の利上げを決定いたしました。FOMCの声明ではFRBは利上げ打ち止めの可能性が示唆されましたが、早期の利下げは否定したことから高い政策金利の水準が長い期間続くと金融不安や景気後退の見方が浮上し、売りが入る展開となりました。

雇用統計前までの4日間でNYダウは-970ドルと売り込まれていましたが、4月雇用統計が失業率の低下や賃金の上昇が明らかになり米経済の底堅さが確認できたことやアップルの決算を好感してNYダウは終値33674.38ドル、前日比+546.64ドルの大幅高、ナスダック総合指数も半導体株などが買われ終値12235.41ポイント、前日比+269.01ポイントと年初来高値更新となりました。

米国市場の動きを筆者はこう見る!

株高の流れが期待できる動きではありますが、注意点としては米国市場の懸念点では毎年恒例なので茶番的なところがありますが、6月1日までに債務の上限を引き上げできなければ、米国債がデフォルト=債務不履行に陥る可能性が懸念されています。

アメリカは建国以来、ほぼ毎年財政赤字を出しているので、借金によって政策を進めるしかないという状況です。ですがアメリカの法律では、政府が抱える債務の限度額が決められています。

ですので従って政府の機能停止とデフォルトを回避するためには、限度額を引き上げなければならないというものですが、野党・共和党は上限引き上げを認める条件として大幅な政府の支出削減を求めており、事態打開に向けて、来週9日に協議があります。

ここでまとまらないとなるとインフレを見るうえで重要な経済指標CPI(消費者物価指数)もありますので、売り仕掛けが入りやすい要素はありますので、今週は9日、10日は注意しておくのが宜しいかと思います。

GW明けの日経平均株価は下落、新興市場はしっかりの動き!

今回のGWは長く相場が休場となっていましたので、本当久々という感じしちゃいますね。

好調だった日経平均株価は円高進行や決算ラッシュもあり寄付きから売り優勢の展開、売り一巡後も利益確定売りが続き日経平均株価は終値28,949.88円、先週末比-208.07円、TOPIXは終値2,071.21ポイント、前日比-4.32ポイントとなりました。

大型株が売られてはいましたが、新興市場はスタンダード市場は、値上がり835銘柄、値下がり433銘柄。東証グロース市場は、値上がり360銘柄、値下がり137銘柄と揃って値上がりが優勢となりました。

日本株の動きを筆者はこう見る!

日経平均株価は29,000円を割り込みましたが、チャートを見る限り25日移動平均線との乖離率もですが、空売り比率は41.9、騰落レシオは130.75と短期的な過熱感があります。

決算も9日に日本郵船(9101)、任天堂(7974)、10日にはトヨタ(7203)、バンダイナムコ(7832)、11日にはソフトバンクグループ(9984)、12日にはNTT(9432)と寄与度の高い値がさ株の決算が続きます。

12日は決算発表ピークとなり、中小型株の多くが決算発表が予定されていますが環境が悪化しますと決算ギャンブルを避けての売りも入りそうです。

基本的に買い目線で問題ないと思いますが、全体は少し下げがきそうな感じはありますので無理せずに取り組んでいきましょう。

注目テーマはコレだ!新型コロナウイルスが5類に移行!旅行やレジャー関連は業績急拡大の期待!

本日から新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけが「2類」相当から季節性インフルエンザと同じ「5類」に移行しました。
テレビでもコロナ感染者数を今後報道しないようですが、本格的に「アフターコロナ」の到来となり経済活動や人の動きが一段と活発になることが見込めますので、業績急回復していくでしょうが、特にホテル、ビジネスホテル関連は特に需要が高まりそうです。

・ホテル関連では下記銘柄が期待できそうです。

ワシントンホテル(4691)
・ABホテル(6565)
・ロイヤルホテル(9713)
・ポラリスHD(3010)
・京都ホテル(9723)

※「PR yahooファイナンス1位の実績!STOP高のギックス(9219)を配信実績!ここの急騰期待銘柄は必見ですよ!」

ホテル関連の中でも億トレの特に注目している銘柄はワシントンホテル(4691)です。

億トレサラリーマンの注目のホテル関連銘柄 ワシントンホテル(4691)

ワシントンホテルは東証スタンダード上場、PER4.8倍、PBR2.19倍、利回り---、時価総額125億円、1961年設立、50年の歴史を持ち関東以西を軸とするビジネスホテル「ワシントンホテルプラザ」や「R&Bホテル」を軸にホテル事業やホテル予約サイト「宿泊ネット」を運営する企業です。

同社のテーマですが同社のテーマですが「ゴルフ」 「ホテル」 「レストラン」 「レジャー・リゾート」 「インバウンド」 「ビジネスホテル」 「2019年のIPO」 「リベンジ消費」に該当します。

同社の保有ブランドは「クレイオ」 「クレイオ・ナレッジサーチ」 「楽々フレームワーク」 「楽々Framework」 「Kleio」 「Kleioナレッジサーチ」となります。

同社の保有ブランドは「ワシントンホテルプラザ」 「ワシントンレストランカード」 「名古屋国際ホテル」 「宿泊ネット」 「R&Bホテル」があります。

アフターコロナでワシントンホテルの業績は急拡大の期待十分!

コロナで宿泊事業が大きく落ち込み一時は「継続企業の前提に関する注記」がついておりましたが、2021年11月12日のは重要な不確実性は認められないものと判断して、「継続企業の前提に関する注記」の記載を解消しています。

同社の大株主の「椿山荘」で有名な観光業界の老舗藤田観光(9722)も23年12月期はインバウンド特需の復活で4期ぶりの赤字脱却が有力視されています。

直近の業績を見ても、全国旅行支援が当初12月下旬までの予定だったものが1月10日以降も継続されたことなどによる売上の上振れに加え、コロナ療養施設としての一棟貸し期間が当初想定より延長となったことにより、業績が底上げされ、宿泊需要回復もあり23年3月期第3四半期累計(4-12月)の経常損益(非連結)は21.8億円の黒字(前年同期は28.3億円の赤字)に浮上して着地。

併せて、通期の同損益を従来予想の15.2億円の黒字→24.1億円の黒字(前期は31億円の赤字)に58.7%上方修正しています。

インバウンド需要もですが国内の旅行者も急拡大していますので5月12日の決算も上方修正の期待も高そうですので注目銘柄として記載します。

※あくまで上昇の見込みがありそう…というだけですのでチラシの裏感覚で見てもらえたらと思います。投資は自己判断でお願いします。

※PR※株は情報収集を徹底するのが一番です、利用して信頼のできる株式情報サイト一覧!



今の相場こういう時こをアンテナを張って取り組めば勝てる相場と言えます。 チェックしておくべき著名ユーザーとしてcisさんやテスタさん井村俊哉さんなどのツイッターアカウントが取り上げられたりしていますが、フォロワー数が日に日に増えていますね。
株ブログを書いていると、チェックしておいた方が良さそうな株情報とか何かないか聞かれたりするんですが、影響力がありそうな人やサイトが配信している情報はなるべく見ておいた方がいいと思います。

理由はいくつかありますが、

・勢いがある個別株に関する情報をいち早く知れたりする。
・いつも相場を見ている人の情報は何かと的を得ていて参考になる。
・取り上げられた個別株に投資家の注目が集まりやすいのではと考えられる。

などが主な理由です。

株はやはり“出来高があって動く銘柄”“注目が集まっている株”“注目が集まりそうな株”
をいかに上手く狙えるかってところがあると思うので、フォロワー数が多く注目されていそうな株情報は見ておくに越したことないんじゃと思います。

同じような理由で株サイトが配信するメルマガ情報もいくつかチェックしてますが、下記サイトは結構オススメです。

株式投資関連でオススメのメルマガ情報
株エヴァンジェリスト⇒
各種大手メディアに引っ張りだこの有名投資家で株式評論家でもある「Bコミ」こと「坂本慎太郎」氏がセールスプロデューサーに就任。 所謂、機関投資家として10兆円以上の資金を動かすなどして活躍後に独立。 現在までに年間200回を超えるメディア出演をこなす他、セミナーや投資本の執筆、SNSなどを通じ幅広く活動を続けています。 また、2017年3月から始めた「資金150万円チャレンジ」では、ファンダメンタルズ分析を中心として150万円の資金を僅か1年5ヵ月で約5,000万円まで増加させるなど個人投資家としてもその実力の一端を見せているだけに期待が持てる投資顧問です。
新生ジャパン投資⇒
高山緑星こと前池英樹さんが社長を務めるサイト。「2036年までの未来予測」を完了しているとしており、冗談のようだが本当に株価の動きを読むのが上手い人と感じています。また株式カレンダーなどで有名な大井川源太さんとラジオもやっています。有料銘柄は言わずもがなですが、無料銘柄も自信のある銘柄はしつこく何度も推奨してきますのでそういった銘柄は大きく勝てる可能性があります。
株マイスター⇒
本村健さんのコラムを無料掲載しているサイト。業界長く、老舗顧問に部類するサイトだと思いますが、兜町の噂などタイムリーな情報を的確に配信してきている印象。これまで市場を盛り上げた銘柄を何度もナイスなタイミングで取り上げてきています。本当に凄いのでサイト内で掲載となっている直近提供銘柄の推移などを見てみた方がいいと思います。
株株⇒
橋本罫線考案者の橋本明男さんや、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤さんなどのコラムを無料掲載しているサイト。橋本明男さんも堀篤さんも以前ヤフーファイナンスの株価予想で予想を出していた人ですが、業界でのキャリアが長い人の記事は要点が上手くまとめられていたりで分かりやすいと思います。無料メルマガで「急騰期待銘柄・注目株」情報を入手できたりします。登録しますとテンバガー候補銘柄などもプレゼントしてくれますので見ておくべきかと思います。
アレス投資顧問⇒
アレス投資顧問はコンセプトに「会える投資顧問」とあるように、直接担当者とも会うことができるという点です。アレス投資顧問代表の阿部さんのyoutubeチャンネル「アベタカシの投資TV」を見ても分かると思いますが、タイムリーな銘柄や今後の相場展望を解説していて、しっかりした投資顧問というのが分かると思います。「無料メルマガ登録で1ヶ月以内に上昇が期待できる銘柄をもれなくお届けしています。」
グラーツ投資顧問⇒
アドレス登録で大本命3銘柄を無料提供してもらえますが、カブ知恵代表取締役の藤井英敏さんのコラム「投資の方程式」などを無料掲載しているサイト。知名度が高い人が顔を出していて情報網が広そう。配信されている個別銘柄情報を見ると推奨理由などがしっかりと書かれている印象ですが、急騰銘柄をこれまでいくつも当ててきていて高い上昇率を残してきています。
プレナス投資顧問⇒
過去の株価データや企業業績などの数値化できるデータを数理的に分析する「金融工学」を応用し、高い精度で利益を提供できプレナス投資顧問が〝株式投資界隈で注目〟されています。私の登録してからの銘柄を見る限りAIの銘柄解析がかなり効いているようです。 〝環境的に不安定な状況でも高い勝率〟を出しているとの事ですが、実際に銘柄を見て思いましたが、値幅も勝率も出せるAIとして、かなり優秀な部類と言えますので銘柄は見ておくべきと思います。
私は上記全て配信登録してますが、寄りつき前にサラっと読むだけでその日の注目しておいた方が良さそうな点や面白そうな銘柄情報などを知れたりするので、上手く立ち回れてないって人は冗談抜きにチェックしてみることをオススメします。

配信情報を見ている人と見ていない人とでは、狙える銘柄の幅が違ってくるのではないかなと思います。

ヤフーなどで株用のメールアドレスを作って配信登録しておくと株関連情報をまとめてチェック出来たりで便利ですよ。

株はどんな相場のときも情報戦です。

相場の流れに上手く乗れるよう、少しでも根拠をもって取引出来るよう、トレードに役立ちそうな情報や相場への影響力がありそうな情報はしっかりチェックしておきたいですね。

※最終的な投資判断は自己責任にてお願いします。当ブログは銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。

-アフターコロナ関連銘柄, インバウンド関連銘柄