12月配当権利銘柄

年末に上昇する銘柄とは?年末高を狙う「億トレ注目4銘柄」

12月は年末相場の時期であり、株式市場には注目すべきテーマ株が存在します。 この記事では、年末に上昇する可能性のある株とその特徴について探ります。日本国内の情報を基に、投資家や株式市場に関心のある方々にとって役立つ情報を提供します。

株式市場の動向を把握し、年末相場のチャンスを見逃さないために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

年末に上昇する株の特徴は?年末高とは?

年末に上昇する株の特徴を把握することは、投資家にとって重要です。年末に株価が上昇する理由は何でしょうか?まず、12月相場の歴史的傾向とパターンを調べることが重要です。さらに、年末ラリーを後押しする要因や師走の投資戦略を理解することも必要です。 上昇株を見極めるポイントも押さえておきましょう。年末に上昇する株の特徴を把握することで、投資家は年末相場で成功するための具体的なアクションプランを立てることができます。

年末に株価が上昇する理由とは?

年末に株価が上昇する理由はいくつかあります。まず、企業の業績発表が年度末に集中するため、好業績を発表した企業の株価が上昇する傾向があります。また、年末には企業の株主総会が行われることも多く、株主からの期待感が高まります。これにより、株価が上昇することがあります。

さらに、年末には様々な投資家が利益確定のために株を売却することがあります。これにより、株価が下落する可能性もありますが、逆に株価が上昇することもあります。なぜなら、売却された株が他の投資家によって買われることで需給バランスが改善され、株価が上昇するからです。

また、年末には年末ボーナスや賞与が支給されるため、個人投資家の資金が増えることもあります。この資金が株式市場に流入することで株価が上昇することがあります。

以上のような理由から、年末には株価が上昇する傾向があります。投資家はこれらの要因を把握し、年末相場を見極めることが重要です。

12月相場の歴史的傾向とパターン

12月は株価が上昇する傾向がある月です。過去のデータを分析すると、年末に向けて株価が上昇するパターンが見られます。これは、投資家が年末になると株式市場への関心が高まり、ポートフォリオの見直しや利益確定売りが行われるためです。

また、年末には企業の業績発表や経済指標の発表が集中する傾向もあります。これらの情報を受けて、投資家たちは株式市場に注目し、株価の上昇を期待して取引を行います。

さらに、年末にはクリスマスや年末年始の休暇が控えており、投資家たちはこれらのイベントを前にして資産を増やそうとする傾向があります。このような心理的要素も、12月相場の上昇を後押しする要因となっています。

したがって、12月相場では年末に向けて株価が上昇する傾向があります。投資家は年末ラリーを狙って上昇株を見極めることが重要です。過去のデータや企業の業績発表、経済指標などを参考にして、年末相場での投資戦略を立てることが成功へのポイントとなります。

年末ラリーを後押しする要因

年末に上昇する株とその特徴を探る際には、年末ラリーを後押しする要因を把握することが重要です。年末に上昇する株は、様々な要因によって後押しされる傾向があります。例えば、年末ボーナスの支給や株主還元策の発表などが挙げられます。また、税金対策や新年の業績見通しに対する期待も株価上昇の要因となります。これらの要因を踏まえて、年末に上昇する株を見極めるポイントを把握しましょう。

年末相場を左右するイベントとトレンド

年末相場を左右するイベントとトレンドは、年末に影響を与える経済イベントのチェックリストや年末株高を見越した投資戦略、そしてサンタクロースラリーという年末特有の現象があります。これらの要素を把握することで、年末相場の動向を予測し、投資戦略を立てることができます。投資家はこれらのイベントやトレンドを注意深く観察し、年末相場で成功するための具体的なアクションプランを立てることが重要です。これにより、年末相場を乗り切り、成功することができるでしょう。

12月高配当銘柄が上がりやすい!

株式投資で勝ちやすいタイミングの一つ配当権利付最終日前に株を売るという手法があります。 株主がその銘柄を保有することで株主権利を得ることができる最終売買日(権利付最終日)の前は配当金や株主優待を取得する動きとなり株価が上がりやすい狙い目ポイントの一つです。

配当、優待を受け取るには各企業が定めている権利確定日に株主として株主名簿に掲載されている必要があります。そのためには、権利確定日を含む3営業日前(権利付最終日)までに株を購入しなければなりません。

基本的に配当権利を通過後は、高配当銘柄は売られやすいというところがありますが、その配当を狙っての買いがくることを考えて先回りで買い、配当日直前に株価が上がっていたら売る。こういった手法は12月の配当権利銘柄では有効と言えます。

2023年12月の権利付き最終日は、12月27日(水)ですので、一つの攻め方として頭に入れておくと宜しいかと思います。

億トレの注目する12月高配当銘柄

TOYOTIRE(5105)

東証プライム上場、トラック、バス用に強みを持つタイヤ国内4位の企業です。

米国が収益柱で「トーヨー」「ニットー」の2ブランドを展開、好採算のSUV用タイヤが拡大し収益率は大手を上回っています。業績面は原材料費高騰や海上運賃値上がり等が想定以下で前号比増益幅拡大と好調。PBR0.98倍、利回り3.69%、割安面、12月配当を考えても伸びていく見込みも!

AGC(5201)

東証プライム上場、1909年に兵庫・尼崎で開始した窓ガラス製造。80年代に欧州や北米にも進出。現在の3本柱は、建築用や自動車用のガラス事業、液晶用ガラス基板やディスプレー用の電子事業、クロールアルカリやフッ素系樹脂、医薬品の受託製造などの化学事業と幅広い。ガラス事業では世界大手で唯一の総合メーカーです。

チャートを見ますと高い位置ではありますが、9月21日の5484円を抜けますと6000円を目指すチャートとなっています。

PBR0.78倍、利回り3.9%と割安、業績面は伸び悩んでおりますが、同社が新たに国内で生産を始めるのは、mRNAの生産に不可欠な原料の一つを千葉工場で始めるとしています。mRNA薬は新型コロナウイルスワクチンとして実用化され、国内の製薬大手も開発を進めており、原料が国内調達できるようになれば、治療薬まで一貫生産できる体制が整いますので業績面の改善にも期待がもてます。

ヤマハ発動機(7272)

東証プライム上場、ヤマハ直系の2輪車世界大手の企業です。

同社も円安の影響から第3四半期決算では、7-9月期営業利益は655億円で前年同期比8.8%減となっておりますが通期計画は据え置いています。株価はレンジ内での推移となってはいますが、配当取りの動きが入ってきますと◎

住友林業(1911)

東証プライム上場、木造軸組工法に定評、住宅大手の企業です。

円安の影響から1~9月期純利益23%減と決算で下振れとなり株価は大きく押し目を入れましたが、その後は上昇基調、チャートは4000円を前にしてやや足踏み状態ではありますが、12月配当や今後の円高を考えても上昇期待の銘柄と言えます。

年末高となる本命株を探しているなら↓

年末相場の注目株 まとめ

最後に、年末は強い上昇となっている銘柄は利益確定売りが出やすいという部分もありますので、右肩上がりとなっている銘柄は注意しておくべきです。海外投資家もクリスマス休暇に入り年末は閑散相場になりやすい。といううところも年末相場の戦略で注意して取り組むべきと言えます。

「億トレサラリーマンのここではかけない特別銘柄をLINEで配信しています。宜しかったらLINE登録お願いします。」

※PR※株は情報収集を徹底するのが一番です、利用して信頼のできる株式情報サイト一覧!



今の相場こういう時こをアンテナを張って取り組めば勝てる相場と言えます。 チェックしておくべき著名ユーザーとしてcisさんやテスタさん井村俊哉さんなどのツイッターアカウントが取り上げられたりしていますが、フォロワー数が日に日に増えていますね。
株ブログを書いていると、チェックしておいた方が良さそうな株情報とか何かないか聞かれたりするんですが、影響力がありそうな人やサイトが配信している情報はなるべく見ておいた方がいいと思います。

理由はいくつかありますが、

・勢いがある個別株に関する情報をいち早く知れたりする。
・いつも相場を見ている人の情報は何かと的を得ていて参考になる。
・取り上げられた個別株に投資家の注目が集まりやすいのではと考えられる。

などが主な理由です。

株はやはり“出来高があって動く銘柄”“注目が集まっている株”“注目が集まりそうな株”
をいかに上手く狙えるかってところがあると思うので、フォロワー数が多く注目されていそうな株情報は見ておくに越したことないんじゃと思います。

同じような理由で株サイトが配信するメルマガ情報もいくつかチェックしてますが、下記サイトは結構オススメです。

株式投資関連でオススメのメルマガ情報
株エヴァンジェリスト⇒
各種大手メディアに引っ張りだこの有名投資家で株式評論家でもある「Bコミ」こと「坂本慎太郎」氏がセールスプロデューサーに就任。 所謂、機関投資家として10兆円以上の資金を動かすなどして活躍後に独立。 現在までに年間200回を超えるメディア出演をこなす他、セミナーや投資本の執筆、SNSなどを通じ幅広く活動を続けています。 また、2017年3月から始めた「資金150万円チャレンジ」では、ファンダメンタルズ分析を中心として150万円の資金を僅か1年5ヵ月で約5,000万円まで増加させるなど個人投資家としてもその実力の一端を見せているだけに期待が持てる投資顧問です。
新生ジャパン投資⇒
高山緑星こと前池英樹さんが社長を務めるサイト。「2036年までの未来予測」を完了しているとしており、冗談のようだが本当に株価の動きを読むのが上手い人と感じています。また株式カレンダーなどで有名な大井川源太さんとラジオもやっています。有料銘柄は言わずもがなですが、無料銘柄も自信のある銘柄はしつこく何度も推奨してきますのでそういった銘柄は大きく勝てる可能性があります。
株マイスター⇒
本村健さんのコラムを無料掲載しているサイト。業界長く、老舗顧問に部類するサイトだと思いますが、兜町の噂などタイムリーな情報を的確に配信してきている印象。これまで市場を盛り上げた銘柄を何度もナイスなタイミングで取り上げてきています。本当に凄いのでサイト内で掲載となっている直近提供銘柄の推移などを見てみた方がいいと思います。
株株⇒
橋本罫線考案者の橋本明男さんや、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤さんなどのコラムを無料掲載しているサイト。橋本明男さんも堀篤さんも以前ヤフーファイナンスの株価予想で予想を出していた人ですが、業界でのキャリアが長い人の記事は要点が上手くまとめられていたりで分かりやすいと思います。無料メルマガで「急騰期待銘柄・注目株」情報を入手できたりします。登録しますとテンバガー候補銘柄などもプレゼントしてくれますので見ておくべきかと思います。
アレス投資顧問⇒
アレス投資顧問はコンセプトに「会える投資顧問」とあるように、直接担当者とも会うことができるという点です。アレス投資顧問代表の阿部さんのyoutubeチャンネル「アベタカシの投資TV」を見ても分かると思いますが、タイムリーな銘柄や今後の相場展望を解説していて、しっかりした投資顧問というのが分かると思います。「無料メルマガ登録で1ヶ月以内に上昇が期待できる銘柄をもれなくお届けしています。」
グラーツ投資顧問⇒
アドレス登録で大本命3銘柄を無料提供してもらえますが、カブ知恵代表取締役の藤井英敏さんのコラム「投資の方程式」などを無料掲載しているサイト。知名度が高い人が顔を出していて情報網が広そう。配信されている個別銘柄情報を見ると推奨理由などがしっかりと書かれている印象ですが、急騰銘柄をこれまでいくつも当ててきていて高い上昇率を残してきています。
プレナス投資顧問⇒
過去の株価データや企業業績などの数値化できるデータを数理的に分析する「金融工学」を応用し、高い精度で利益を提供できプレナス投資顧問が〝株式投資界隈で注目〟されています。私の登録してからの銘柄を見る限りAIの銘柄解析がかなり効いているようです。 〝環境的に不安定な状況でも高い勝率〟を出しているとの事ですが、実際に銘柄を見て思いましたが、値幅も勝率も出せるAIとして、かなり優秀な部類と言えますので銘柄は見ておくべきと思います。
私は上記全て配信登録してますが、寄りつき前にサラっと読むだけでその日の注目しておいた方が良さそうな点や面白そうな銘柄情報などを知れたりするので、上手く立ち回れてないって人は冗談抜きにチェックしてみることをオススメします。

配信情報を見ている人と見ていない人とでは、狙える銘柄の幅が違ってくるのではないかなと思います。

ヤフーなどで株用のメールアドレスを作って配信登録しておくと株関連情報をまとめてチェック出来たりで便利ですよ。

株はどんな相場のときも情報戦です。

相場の流れに上手く乗れるよう、少しでも根拠をもって取引出来るよう、トレードに役立ちそうな情報や相場への影響力がありそうな情報はしっかりチェックしておきたいですね。

※最終的な投資判断は自己責任にてお願いします。当ブログは銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。

-12月配当権利銘柄