新NISA関連銘柄 相場雑感と注目銘柄

新NISAの資金投入で上昇トレンドなるか!「割安&高配当&上方修正期待の億トレ注目銘柄!」東京製網(5445)

先週末の米国市場は、発表された2023年12月のPCE(個人消費支出)物価指数は、前年同月比2.6%上昇となり、約3年ぶりの低水準となりました。前日発表の23年10~12月期の米実質GDP(国内総生産)が強い数字だったことと合わせ、インフレを抑えつつ景気後退を回避する「ソフトランディング(軟着陸)」実現への期待が高まり景気敏感株が買われる展開となりました。ですがPCE物価指数で消費の強さが示されたことを受け、米債券市場では長期金利が上昇となりハイテク株が下落、決算が失望されたインテルが売られたこともあり半導体株を中心に売られました。

NYダウは終値38,109.43ドル、前日比+60.33ドルと続伸、連日で過去最高値を更新、ナスダック総合指数は終値15,455.36ポイント、前日比-55.14ポイントとなりました。

筆者は米国株をこう見る。

米国の指標が好調ですが、週の前半からマイクロソフトなどハイテク大手の決算発表が相次ぐ決算シーズンもありイベント尽くし、FOMCなどもありますので油断はできないという状況がありますので、ハイテク株はブレが激しい動きとなる可能性があります。

絶好調な時こそ油断はせず!でいきましょう。

日経平均株価は米国市場の上昇を背景にしっかりの展開!半導体株は総じてマイナス!

本日の日経平均株価は、NYダウは連日で過去最高値を更新となった流れから大型株を中心に買いが入る展開、半導体株は売られましたが、今までが好調すぎでしたからね。半導体株以外は総じて堅調な動きとなり心理的節目の36,000円を回復となりました。

日経平均株価は終値36,026.94円、先週末比+275.87円、TOPIXは終値2,529.48ポイント、前日比+31.83ポイントとなりました。東証スタンダード市場は値上がり1076銘柄、値下がり419銘柄、東証グロース市場は値上がり242銘柄、値下がり280銘柄となりました。

日本株に対して筆者はこう見る。

変わらずグロース市場が伸び切らず…値下がりが優勢というのもですが、ただグロース250のチャートは抜けそうな位置にあります。

グロース250のチャートもレンジ内で推移となっていますので725ポイントを明確に超えれば…勢いがつきますので、ここは注目ポイントとみています。

本日下落した半導体株ですが、半導体の人気株レーザーテック(6920)のチャートを見ましても揉み合いから下放れしそうなチャートとなっています。

大型の半導体は大体こういったチャートとなっているわけですが、1月31日にも決算がありますし、半導体だからと言って必ず決算が言い訳ではありません。インテルの様に失望売りがでる可能性がありますので、やはり注意ですね。

億トレ注目銘柄 東京製網(5445)

個人的に注目している銘柄では建築用棒鋼を主力とする電炉メーカーで、ネジ節棒鋼の「ネジテツコン」は高い商品シェアを誇る東京鐵鋼(5445)がPBR0.83倍、配当利回り4%超え、1月31日に決算を控えていますが、前回の決算は24年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比3.6倍の48.7億円に急拡大、通期の同利益を従来予想の65億円→85億円(前期は49.4億円)に30.8%上方修正、増益率が31.5%増→71.9%増に拡大する見通しとしています。

直近業績は絶好調で製品値上げ効果を映し24年3月期営業利益は前期比95%増の85億円としておりましたので、今回も上方修正の期待も高いとみています。時価総額も500億円以下ですので人気化すれば1000円超えなんてことも今の相場なら考えられそうです

※投資は自己判断でお願い致します。

バブル相場到来!資産倍増を狙う!投資のプロ情報を無料で公開!

※PR※株は情報収集を徹底するのが一番です、利用して信頼のできる株式情報サイト一覧!



今の相場こういう時こをアンテナを張って取り組めば勝てる相場と言えます。 チェックしておくべき著名ユーザーとしてcisさんやテスタさん井村俊哉さんなどのツイッターアカウントが取り上げられたりしていますが、フォロワー数が日に日に増えていますね。
株ブログを書いていると、チェックしておいた方が良さそうな株情報とか何かないか聞かれたりするんですが、影響力がありそうな人やサイトが配信している情報はなるべく見ておいた方がいいと思います。

理由はいくつかありますが、

・勢いがある個別株に関する情報をいち早く知れたりする。
・いつも相場を見ている人の情報は何かと的を得ていて参考になる。
・取り上げられた個別株に投資家の注目が集まりやすいのではと考えられる。

などが主な理由です。

株はやはり“出来高があって動く銘柄”“注目が集まっている株”“注目が集まりそうな株”
をいかに上手く狙えるかってところがあると思うので、フォロワー数が多く注目されていそうな株情報は見ておくに越したことないんじゃと思います。

同じような理由で株サイトが配信するメルマガ情報もいくつかチェックしてますが、下記サイトは結構オススメです。

株式投資関連でオススメのメルマガ情報
株エヴァンジェリスト⇒
各種大手メディアに引っ張りだこの有名投資家で株式評論家でもある「Bコミ」こと「坂本慎太郎」氏がセールスプロデューサーに就任。 所謂、機関投資家として10兆円以上の資金を動かすなどして活躍後に独立。 現在までに年間200回を超えるメディア出演をこなす他、セミナーや投資本の執筆、SNSなどを通じ幅広く活動を続けています。 また、2017年3月から始めた「資金150万円チャレンジ」では、ファンダメンタルズ分析を中心として150万円の資金を僅か1年5ヵ月で約5,000万円まで増加させるなど個人投資家としてもその実力の一端を見せているだけに期待が持てる投資顧問です。
新生ジャパン投資⇒
高山緑星こと前池英樹さんが社長を務めるサイト。「2036年までの未来予測」を完了しているとしており、冗談のようだが本当に株価の動きを読むのが上手い人と感じています。また株式カレンダーなどで有名な大井川源太さんとラジオもやっています。有料銘柄は言わずもがなですが、無料銘柄も自信のある銘柄はしつこく何度も推奨してきますのでそういった銘柄は大きく勝てる可能性があります。
株マイスター⇒
本村健さんのコラムを無料掲載しているサイト。業界長く、老舗顧問に部類するサイトだと思いますが、兜町の噂などタイムリーな情報を的確に配信してきている印象。これまで市場を盛り上げた銘柄を何度もナイスなタイミングで取り上げてきています。本当に凄いのでサイト内で掲載となっている直近提供銘柄の推移などを見てみた方がいいと思います。
株株⇒
橋本罫線考案者の橋本明男さんや、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤さんなどのコラムを無料掲載しているサイト。橋本明男さんも堀篤さんも以前ヤフーファイナンスの株価予想で予想を出していた人ですが、業界でのキャリアが長い人の記事は要点が上手くまとめられていたりで分かりやすいと思います。無料メルマガで「急騰期待銘柄・注目株」情報を入手できたりします。登録しますとテンバガー候補銘柄などもプレゼントしてくれますので見ておくべきかと思います。
アレス投資顧問⇒
アレス投資顧問はコンセプトに「会える投資顧問」とあるように、直接担当者とも会うことができるという点です。アレス投資顧問代表の阿部さんのyoutubeチャンネル「アベタカシの投資TV」を見ても分かると思いますが、タイムリーな銘柄や今後の相場展望を解説していて、しっかりした投資顧問というのが分かると思います。「無料メルマガ登録で1ヶ月以内に上昇が期待できる銘柄をもれなくお届けしています。」
グラーツ投資顧問⇒
アドレス登録で大本命3銘柄を無料提供してもらえますが、カブ知恵代表取締役の藤井英敏さんのコラム「投資の方程式」などを無料掲載しているサイト。知名度が高い人が顔を出していて情報網が広そう。配信されている個別銘柄情報を見ると推奨理由などがしっかりと書かれている印象ですが、急騰銘柄をこれまでいくつも当ててきていて高い上昇率を残してきています。
プレナス投資顧問⇒
過去の株価データや企業業績などの数値化できるデータを数理的に分析する「金融工学」を応用し、高い精度で利益を提供できプレナス投資顧問が〝株式投資界隈で注目〟されています。私の登録してからの銘柄を見る限りAIの銘柄解析がかなり効いているようです。 〝環境的に不安定な状況でも高い勝率〟を出しているとの事ですが、実際に銘柄を見て思いましたが、値幅も勝率も出せるAIとして、かなり優秀な部類と言えますので銘柄は見ておくべきと思います。
私は上記全て配信登録してますが、寄りつき前にサラっと読むだけでその日の注目しておいた方が良さそうな点や面白そうな銘柄情報などを知れたりするので、上手く立ち回れてないって人は冗談抜きにチェックしてみることをオススメします。

配信情報を見ている人と見ていない人とでは、狙える銘柄の幅が違ってくるのではないかなと思います。

ヤフーなどで株用のメールアドレスを作って配信登録しておくと株関連情報をまとめてチェック出来たりで便利ですよ。

株はどんな相場のときも情報戦です。

相場の流れに上手く乗れるよう、少しでも根拠をもって取引出来るよう、トレードに役立ちそうな情報や相場への影響力がありそうな情報はしっかりチェックしておきたいですね。

※最終的な投資判断は自己責任にてお願いします。当ブログは銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。

-新NISA関連銘柄, 相場雑感と注目銘柄
-